【新車】ホンダ、新型「CBR400R」のデザインを一新し、走行性能を向上して2月26日より発売

2

ホンダは、直列2気筒400ccエンジンを搭載したスポーツモデル「CBR400R」のデザインを一新し2月26日(金)より発売する。新型「CBR400R」はシャープでエッジの効いた外観に変更するとともに、LEDデュアルヘッドランプを採用。サスペンションやカウルデザインを見直すことで走行性能も向上させている。

外観を一新し各部の熟成を図った「CBR400R」

2160218-cbr400r_003H

12345

CBR400Rは、「AGGRESSIVE SPEED SHAPE」をスタイリングコンセプトに、CBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のDNAを受け継ぐ、スピード感を強調した外観に一新。被視認性に優れる新設計のLEDデュアルヘッドライトとテールランプを採用し、先進性を演出するとともに、前方にスラントさせたフロントカウルから跳ね上げたリアカウルまで、エッジの効いたキャラクターラインによって個性的なフォルムとしました。

今回、ウインドスクリーン下端部にダクトを設け、走行時のライダーの頭部周辺における乱流を抑制することで、快適性を向上。また、ヘッドライト上部やミドルカウルに設けたダクトにより、導風経路を設定することで軽快なハンドリングを実現しています。新形状の異型断面マフラーは内部構造などを変更し、排気効率の向上とマスの集中化を図るとともに、低音を増幅させることで心地の良いエキゾーストサウンドを実現しました。また、フロントサスペンションにはライダーの走りの好みに応じて調整可能なプリロードアジャスターを装備。新設計のフューエルタンクは、容量を1L拡大するとともに、給油時に便利なヒンジタイプのキャップを採用。さらに、ライダーの手の大きさに合わせ5段階の調整機構付きのブレーキレバーを装備するなど、利便性の向上を図っています。

車体色はトリコロールイメージのロスホワイト、鮮やかなヴィクトリーレッド、精悍なグラファイトブラックの3色を設定しています。

■販売計画台数(国内・年間)
1,400台

カラー/メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

▼CBR400R ヴィクトリーレッド
 699,840円(消費税抜き本体価格 648,000円)
 ABS 750,600円(消費税抜き本体価格 695,000円)
2160218-cbr400r_002H

▼CBR400R グラファイトブラック
 699,840円(消費税抜き本体価格 648,000円)
 ABS 750,600円(消費税抜き本体価格 695,000円)
2160218-cbr400r_001H

▼CBR400R ロスホワイト
 732,240円(消費税抜き本体価格 678,000円)
 ABS 783,000円(消費税抜き本体価格 725,000円)
2160218-cbr400r_004H

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

CBR400Rの主な特長

■スタイリング
フロントビューは、シャープな形状の新設計LEDデュアルヘッドライトを採用することで、先進的で精悍な印象としました。また、ヘッドライト上部にある横長のスリットとLEDポジションランプからつながるキャラクターラインを設定することで、アグレッシブな表情を演出しました。さらに、スポーティー感を表現するため、ミドルカウルからサイドカバー、フューエルタンクへの面構成に連続性を持たせることで、流れるような外観としました。また、ミドルカウルのシャープなスリット、各部のキャラクターラインにより、精悍さとアグレッシブ感を演出しました。リアビューは、エッジの効いたリアカウルにクリアインナーレンズの新設計LEDテールランプを採用するとともに、異型ショートマフラーやスタイリッシュな形状としたリアフェンダーステーの採用により、シャープで軽快な印象としました。

■パワーユニット
ギアチェンジ操作の多い市街地でも快適に走行できるよう、ギアチェンジペダルの操作荷重を低減させ、操作フィーリングを向上させました。また、マフラーの内部構造を2室化することで全長の短縮化を図り、マスの集中に寄与させるとともに、2気筒エンジンらしい歯切れの良い排気サウンドを実現しました。

■車体・装備
車体の切り返しの多いワインディングなどでの軽快な走行のため、ヘッドライト上部にスリットを設定。これにより走行風をフロントカウル内へ導き、フロントカウル前側の風圧を下げて車体のリフトを抑制することで、スポーティーなハンドリングを実現しています。今回、ウインドスクリーン下端部にダクトを設定し、ライダーへの前後の風圧差を低減させ、頭部周辺における乱流を抑制。走行時における快適性を向上させました。また、ミドルカウル内に2つの導風経路を設定し、軽快なハンドリングに寄与させるとともに、走行風をエアクリーナーダクト周辺へ導き、吸気の流れをスムーズにすることで、よりスポーティーなエンジン回転の上昇フィーリングを演出しました。フロントサスペンションは、プリロード調整機構を追加することで、1名乗車、2名乗車、積載量などの状況に合わせ、ライダーの好みの車両姿勢で走行できるようにしました。また、ブルーアルマイト処理を施したフォークキャップを採用し、ハンドル周りの高級感を演出しています。

長距離ツーリングなどでの安心感向上のため、容量16Lのフューエルタンクを新設計し、燃費効率の高いエンジンと相まって航続距離を延ばしました。また、ヒンジ構造タイプのフューエルキャップを採用することで、ガソリン給油時の利便性を向上させています。5段階の調整機構付きブレーキレバーを装備し、ライダーの好みのレバー位置に調整できるようにしています。

■カラーバリエーション
全タイプに、トリコロールイメージのロスホワイト、鮮やかなヴィクトリーレッド、精悍なグラファイトブラックの3色を設定しています。

通称名 CBR400R
車名・型式 ホンダ・2BL-NC47
全長×全幅×全高(mm) 2,080×750×1,145
軸距(mm) 1,410
最低地上高(mm) 140
シート高(mm) 785
車両重量(kg) 192〔194〕
乗車定員(人) 2
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値
39.7(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)
28.2(クラス3-2)※2 <1名乗車時>
最小回転半径(m) 2.7
エンジン型式・種類 NC47E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量(cm3 399
内径×行程(mm) 67.0×56.6
圧縮比 11.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 34[46]/9,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 37[3.8]/7,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 16
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1  速 3.285
2  速 2.105
3  速 1.600
4  速 1.300
5  速 1.150
6  速 1.043
減速比(1次/2次) 2.029/3.000
キャスター角(度)/トレール量(mm) 25°30´/102
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

〔 〕内はABS仕様
※1 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※2 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大の国際オートバイ・スクーター専門見本市であるモーターサイクルショー『EICMA』、通…
  2. 2018年モデル第一弾「スカウト・ボバー」が各地でお披露目! インディアンモーターサイクル…
  3. 参戦マシンをバックにしたツーショット撮影! スーパーバイク世界選手権で3年連続チャンピオン…
ページ上部へ戻る