KTM、RC390 CUPモデルの販売詳細と価格を発表

160217_161

KTMは、RC390 CUPモデルの販売詳細と価格を発表した。

世界に通じる若手登竜門として開催されるKTMのワンメイクレース、「RC 390 CUP」。シリーズ全戦に参加し、総合優勝を遂げたライダーには、Red Bullルーキーズカップのセレクションイベントへの招待が約束されている。

KTM RC390 CUPモデルの販売詳細、及び価格について

ベース車となるのは2015年モデルのRC 390。欧州でのRC CUPのプロモーターとして、またKTMのサーキットイベント NT シリーズのイベント受託者として KTM 本社と深いつながりのある、オーストリアGA Promotion 社にてRC CUP車仕様に組み直した車輛がそのまま出荷される。

専用装備として、アクラポビッチのスリップオンサイレンサーや、レーシングレバー/ステップ、また前後にレース仕様のWPサスペンションを装備する等、20点以上のPOWERPARTSやスペシャルパーツが組み込まれている。同時に、メカニカルリストリクターによる出力制限を施され、最高出力を38HPに制限。レース仕様でありながら出力を引き上げるのではなくむしろイコールコンディションによってライダーの能力を引き上げ、世界に通用するアスリートを育てることを目的としたモディファイが施されている。

加えて、日本特別仕様として、下記の商品が無償で特別に提供される。これはRC CUPシリーズの趣旨に共鳴するパートナーが、世界に通用する若手ライダーの育成という目的のため、協賛して実現したものだ。

【RC390CUP 仕様車 基本主要諸元】

160217_162

・エンジン:4バルブ単気筒 DOHC
・排気量:373cc
・燃料供給:フューエルインジェクション
・最高出力:38 hp
・シャシー:スチールチューブラーペリメターフレーム
・スイングアーム:アルミ
・サスペンション:フルアジャスタブル WPフォーク&リアショック
・車両本体価格:1,000,000 円(消費税別)

※出荷状態からの仕様変更は基本的に認められない
※その他レギュレーションの基本は、ヨーロピアンジュニアカ
ップに準ずる

なお、RC390 CUP仕様には、ナンバー取得に必要なホモロゲ―ションキット(ノーマルパーツ)も提供される。従って、レースでの使用を取りやめた後も、公道仕様車として楽しむことか可能だ。RC CUP 仕様車の希望小売価格は、車両本体価格で1,000,000 円(消費税別)。

2016年シーズンではCUPモデルの購入やRC CUPへの参戦についての年齢制限を解除する。ただし RC 390 CUP での Red Bullルーキーズカップのセレクションイベントへの招待についての選考対象は、年齢19歳以下で、シリーズ全戦に参加可能なライダーとなることに変更はない。また、選考対象者は世界の他地域で開催されているRC CUPシリーズと同様に、全戦10台以上によって開催されたコンペティションを勝ち抜いた選手、となっているため、選考対象者であってもレースが規定台数に達していなかったり、非選考対象者に結果として勝つことができなかった場合には、ポイント上シリーズチャンピオンであっても選抜されないことがある。これは、世界に向けて本当に戦う力のある選手を選抜していくという本大会の趣旨にのっとっての規定といえよう。

このRC 390 CUPは、若手育成が目的のため、選考自体には年齢制限が設けられているが、併催される「KTM 390CUP With Metzeler」では、既存の390DUKEやRC390などが、ライダーの年齢に関係なく参加が可能で、イベントレースとして幅広い層が楽しむことができる。2015年シーズンには、混走とはいえこちらのエントラントが非常に多く、レース自体も活況を呈していた。2016シーズンも一層の盛り上がりが期待されている。「RC 390 CUP」及び「KTM 390CUP With Metzeler」の開催予定は、下記の通り。

【開催スケジュール】
・4/10 筑波サーキット(全日本ロードレース選手権併催)
・5/28 ツインリンクもてぎ(全日本ロードレース選手権併催)
・6/5 岡山国際(モト・レヴォリューション併催)
・6/18 筑波サーキット(筑波ツーリスト・トロフィー 併催)
・7/24 スパ直入 (九州ロードレース選手権併催)

RC390及び390DUKEを使用した本ワンメイクレースは、筑波サーキットで開催されているイベントレース「筑波TT」で2015年シーズンから開催されているKTM CUPに続く、KTMオンリーのレースイベントでもあり、READY TO RACEをフィロソフィーに持つKTMスポーツモーターサイクルのポテンシャルを、存分に楽しめる場所となる。本レースシリーズに関する質問、及びオーガナイズについての問い合わせは、下記事務局まで。

RC CUP with METZELER/KTM 390CUP with METZELER
事務局エーエスピー 担当:和田
〒245-0013 神奈川県横浜市泉区中田東1-24-13MKテラス1
TEL: 045-443-5800 / FAX:045-443-5801

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  2. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  3. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  4. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
ページ上部へ戻る