[KTM]AMA Rd.6 ダンジーが今季4勝目をマーク ポイントスタンディングス首位に君臨

160217_159

カリフォルニア州で開催された『2016スーパークロス/第6戦サンディエゴ2』。Red Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#1/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は圧倒的強さをみせ今季4度目の優勝。#25/Marvin Musquin(マーヴィン=ムスキャン)は7位でレースを終えました。

練習走行で一番時計を記録したダンジーとチームメイトのムスキャンはともに同じヒートレースに出場。好スタートを切りすぐにトップに立ったムスキャン、ダンジーもそれに続きます。好バトルを繰り広げた二人ですがラスト2周でダンジーがムスキャンをかわしトップに。ダンジーはそのままトップで、ムスキャンは3位でフィニッシュし決勝に進出します。

迎えた決勝。両者ともに好スタートを切り僅かの差でダンジーがホールショットを獲得。しかしその直後ムスキャンはミスを冒し6位にポジションダウンします。一方ダンジーはホールショット獲得後も安定した速さでトップをキープ。一度も首位を譲ることなく今季4勝目を獲得しました。ムスキャンは良いペースを維持していましたがミスを挽回することができず7位でフィニッシュしました。

ダンジーのコメント:
「2週間ぶりに勝つことができて嬉しい。練習走行、ヒートレース、決勝とセットアップを変更しながらレースに挑んだ。それが良い方向に進んでいたことは非常に良かった。それによって次週に向けても良い状態を造ることができた」

次戦/第7戦は、2月20日(土)テキサス州アーリントンで開催されま
す。

■450SXクラス 決勝結果:

1, Ryan Dungey – KTM
2, Cole Seely
3, Ken Roczen
Other KTM
7, Marvin Musquin
10, Justin Brayton
11, David Millsaps
14, Andrew Short

◎450SXクラス ポイントスタンディング
1, Dungey(KTM), 144 points
2, Roczen, 118
3, Anderson, 111

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行…
  2. 新モデル「FTR1200」の生産開始を発表 インディアンモーターサイクルは、フラット・トラ…
  3. ▲昨年のJSB1000クラス レースシーン 「Enjoy Honda 2018ツインリンクもて…
  4. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
ページ上部へ戻る