カワサキ、ハイパフォーマンススポーツモデル「Ninja H2」が「iFデザインアワード」を受賞

160217_122

カワサキは、開発したハイパフォーマンススポーツモデル「Ninja H2」が、世界的に最も権威のあるデザイン賞のひとつである「iFデザインアワード」のプロダクト部門で「iFデザインアワード2016」を受賞したことを発表した。

ハイパフォーマンススポーツモデル「Ninja H2」が「iFデザインアワード」を受賞

「iFデザインアワード」とは、デザイン振興を目的として設立された国際組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーバー(iF)」(ドイツ・ハノーバー市)が1953年から主催し、毎年全世界の工業製品等を対象に優れたデザインを選定する賞で、ドイツの「Red Dotデザイン賞」や米国の「International Design Excellence Award(IDEAデザイン賞)」と並ぶ世界最高峰のデザイン賞と評されています。

■福本圭志(モーターサイクル&エンジンカンパニー技術本部デザイン部長)のコメント
今回、「Ninja H2」が「iFデザインアワード」を受賞したことを、開発者一同たいへん嬉しく、また誇りに感じています。「Ninja H2」は、当社の全社的英知を結集して開発し、デザインのためのデザインではなく、すべてにおいて妥協を許さず機能を最大限引き出すという、プロダクトデザインの真髄を極限まで追及したモデルです。

しかしながら、そのデザインを量産まで持っていくには設計・実験・生産技術など、あらゆる部門の力を結集しないとモノにはなりません。今後も開発者一同で力を合わせ、デザイン力でカワサキブランドを強力にアピールしていきます。

160217_123

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る