エリーパワー、ホンダ・レーシングとテクニカルスポンサー契約を締結 始動用リチウムイオンバッテリーを提供

160216_70

大型リチウムイオン電池および蓄電システムの開発等を行う日本の企業であるエリーパワーは、ホンダ・レーシング(以下 HRC)とテクニカルスポンサー契約を結び、2016年モトクロス世界選手権MXGPクラス(以下 MXGP)及び2016年全日本モトクロス選手権国際IA-1クラス(以下 JMX)に参戦するワークスマシンに、始動用リチウムイオンバッテリーを提供することを発表した。

以下プレスリリースより

当社は大型リチウムイオン電池において高い安全性を実現し、長寿命、広い動作温度特性を強みに、これまで蓄エネ市場を牽引して参りました。その安全性と技術が、マシンを開発する株式会社本田技術研究所二輪 R&D センター(以下本田技術研究所)に認められ、昨年より始動用バッテリーの開発を共に進めて
まいりました。

モトクロスは過酷な環境下で行われるモータースポーツとして、世界に広く普及しているオートバイ競技の一つであり、車両メーカー自らが MXGP、JMX に参戦し技術を競っています。当社はこれまでに培った技術を基に、過酷な環境下で競い合うモトクロスのため、安全性と耐久性を備え、軽量かつ始動性と温度特性に優れた始動用バッテリーを開発いたしました。

大型モーターサイクルの技術戦略を担当する、本田技術研究所上席研究員の後郷和彦氏からは、「二輪車の始動用バッテリーには、セルモーターを回すという機能以外に、軽く且つ高い耐振性、耐久性が要求されます。そのような課題を解決出来る電池が長い間望まれていました。エリーパワー社の優れた基本特性と安全性を合わせ持つリチウムイオン電池に期待し、最も過酷なレース、モトクロスでの実戦投入を決めました」とコメントを頂いています。

当社は、日本・欧州・北米の二輪車市場での需要を見込み、本バッテリーの本年中の製品化を目指しており、既に川崎工場では、二輪始動用バッテリー専用ラインの新設に着手しています。

160216_70

 
【参考】2016年Honda国内モータスポーツ活動計画発表会
honda_race07-20160212

本電池は、第7回国際二次電池展(会期:3月2日(水)~4日(金)、会場:東京ビッグサイト)に参考出展予定です。

■ホンダ・レーシング(HRC)公式サイト
http://www.honda.co.jp/HRC/
■MXGP スポンサーサイト
http://mxgp.hondaracingcorporation.com/sponsors/
■JMX スポンサーサイト
http://www.honda.co.jp/HRC/jmx/sponsor/

→全文を読む

情報提供元 [ ELIIYPower ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. JAFは、8月8日(火)~9月7日(木)までの約1ヶ月間、JAFホームページにて「道の駅に関…
  2. ヤマハ発動機は、同社が開催している「親子バイク教室」が、「第11回キッズデザイン賞」(主催:…
  3. 二輪オークションを運営するビーディーエスは、「第1回柏バイク祭り」を10月22日(日)にビー…
  4. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
ページ上部へ戻る