G sense、オーリンズサスペンションでパラリンピック女子チェアスキーの田中佳子をサポート

gsense02-20160216

サスペンションのプロショップとして、オーリンズ製品を中心にサービスを提供しているG sense(ジーセンス)が、パラリンピック女子チェアスキーの田中佳子選手をサポートしている。使用しているのは同社でチューニングされたオーリンズリアサスペンションだ。

サスペンションが使用されるチェアスキー

gsense03-20160216

チェアスキーは下肢に障害のある人がシート部分に座り、体とシートを固定することで滑走する種目。シートの下部サスペンション備わっており、そのクッション性能で人間の足腰のバネに代わる役割を担っている。そして両腕にアウトリガーと呼ばれる道具を使い、バランスをとりながら滑走する。

G senseはオードバイへのサービスで培った技術と、サスペンションの設定技術で田中選手をサポートして2年以上となり、今シーズンからバイク用と同じオーリンズTTX36を採用している。

YA932

田中選手の競技種目はアルペンスキー(座位)で、2016年のワールドカップと2018年の韓国・平昌のパラリンピックに向けてトレーニングを行っている。
バイクで鍛え上げられたジーセンスの技術にサポートされた田中選手の今後の活躍に期待したい。

gsense01-20160216

チェアスキー田中佳子選手G senseサスペンションテスト動画

チェアスキー田中佳子選手BLOG

→全文を読む

情報提供元 [ サスペンション サービス G sense(ジーセンス) ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る