NEXCO東日本、圏央道の料金体系見直しと、首都高などでのオートバイ含む「料金区分」の新設を発表

160216_116

NEXCOは、整備の経緯の違い等から料金水準や車種区分等が異なっていた首都圏(圏央道内側)の高速道路の料金体系について、三環状の整備の進展を踏まえ、これまでの整備重視の料金体系から対距離制を基本とした利用重視の料金体系へ平成28年4月より移行することを発表した。
これにより、新料金(案)に関する事前広報を開始している。

ルートによって格差が出ていた料金体系を見直し

現在の料金体系では、都心部を抜けるルートとして圏央道を利用すると、首都高を利用するよりも割高となっており外環道路としての機能向上を目的として、料金水準を見直すことを発表している。
また、今回は圏央道だけでなく、第三京浜・京葉道路・千葉東金道路に関しても同一水準の料金体系とすることを発表しているが、現在よりも大幅な値上げとなるために、上限料金を設定した緩和措置を検討している。

首都高などの路線で、軽自動車等の区分が新設。オートバイでの利用料金が低減

軽自動車等の区分に適合されるオートバイに関しては、首都高、京葉道路、千葉東金道路、新西湘バイパスでは現在車種区分が2から3区分であったものを現行の高速道路に適応されている5車種区分に統一する。
これによって料金体系が見直されることで、オートバイの高速道路利用による費用負担低減が見込まれることとなる。

具体的には、首都高速でETC車載器搭載のオートバイであれば、270円から1,070円の範囲での距離別料金となる。料金額は0.1㎞毎の距離に応じて、10円単位で加算される計算。現在は510円から930円の範囲と普通車の同一料金であり、6km毎に料金が変動する5段階料金となっている。
なお、普通車は新料金体系では300円から1300円の範囲での料金となる。

【首都高速道路 新料金体系】

20160216_syutok01
20160216_syutok

平成28年4月からの新料金(案)に関する事前広報を開始します

移行にあたり、平成27年9月11日に国土交通省が発表した「首都圏の新たな高速道路料金に関する具体方針(案)」に基づき、平成27年9月18日に「首都圏の新たな高速道路料金の具体案」を公表して国民の皆様から意見募集をさせていただきました。
今後、道路整備特別措置法第3条に基づき国土交通大臣あて申請し、事業許可を頂いて移行を実施する予定ですが、これに先立ちまして、お客さまへの事前広報を開始いたします。

首都圏の新たな高速道路料金(案)

160216_114

160216_115

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO東日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名 ルマン24時間耐久レース ■開催地 フランス・ルマン ■開催期間 …
  2. ユーザー:みなぎさん 車種名:SUZUKI GSX250S カタナ 期間:2017…
  3. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 ドゥカティの「持ち味」「個性」の共通認…
  4. 多重クラッシュの中、唯一後ろを振りかえらずにチェッカー FIMアジアロードレース選手権 (…
ページ上部へ戻る