ホンダから21世紀のアフリカツイン「CRF1000L Africa Twin」がいよいよ発売!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

16YM CRF1000L Africa Twin

「CRF1000L Africa Twin」がいよいよ国内投入

ホンダから注目のアドベンチャーモデル、「CRF1000L Africa Twin」がいよいよ国内投入。2月22日(月)に発売される。

さまざまな道を走破できるアドベンチャーモデル

新型アフリカツインは1988年に発売された「XRV750 Africa Twin」と同様、市街地から高速道路、さらに未舗装路まで、さまざまな道を走破できるアドベンチャーモデルとして誕生した。
「どこへでも行ける」「True Adventure」を開発コンセプトに、次世代アドベンチャーモデルにふさわしい装備や技術が搭載されている。

特徴的なユニカムエンジンとクラストップレベルの最低地上高を実現

16YM CRF1000L Africa Twin

新開発のエンジンは水冷4スト並列2気筒0HC4バルブ998ccで、モトクロス専用マシン「CRF450R」「CRF250R」などレーシングマシンの開発で培ったノウハウを活用したコンパクトな「ユニカムバルブトレイン」方式を採用。270度位相クランクによる不等間隔爆発および、ツインプラグ式「位相点火制御システム」などの採用により優れたトラクション性能と小気味よい鼓動感を獲得。エンジン背面にバッテリーなどの重量物を集中配置することでマスの集中化も達成した。
また、「クランクケース内蔵オイルタンク式ドライサンプ構造」により、250㎜というクラストップレベルの最低地上高を実現している。

3段階のシフトパターンが選択可能

また、NCシリーズでも実績のあるホンダ独自の二輪用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」をタイプ設定。
マニュアル操作で任意のシフト操作が可能な「MTモード」のほか、燃費とクルージング性能を最適にバランスさせた「Dモード」、スポーティな走りをさらに追及すべく3段階のシフトパターンを選択できる「Sモード」が加えられた。

aftwin37-20151117

これ以外にも、新たに登降坂を推定して最適なシフトタイミングを制御する新機能を追加。不整地においても本来の性能を最大限に発揮するため、スロットル操作による駆動力変化をダイレクトに後輪へ伝達する「G-スイッチ」を装備。
さらに荒れた路面でも効率よく動力を伝達する「Honda セレクタブル トルク コントロール」を全車に搭載するなど、オフロードでのコントロール性と走破性を向上。同時に安全性も高められている。

オフロードでの優れた走行性能とオンロードで使い勝手を両立

2016_02_12_af

フレームは適度なしなやかさと剛性を併せ持つスチール製のセミダブルクレードルフレームを採用し、オフロードでの優れた走行性能とオンロードでの安定感のあるハンドリングを両立。

サスペンションはフロントに路面からのショックの吸収性に優れたロングストロークの倒立フロントフォークを採用、リヤショックには工具無しで調整が可能なダイヤル式油圧プリロードアジャスターを搭載しツーリングでの使い勝手を向上。前後ともフルアジャスタブル機構とし幅広い路面変化に対応している。
また、ホイールはフロントとリヤに21/18インチのスポークホイールを採用、それぞれ90/90-21、150/70R 18サイズのタイヤを装備することで走破性も高められた。

16YM CRF1000L Africa Twin

また、ブレーキはフロントに4ポットラジアルキャリパー+ダブルディスクを装備するなど制動力を確保しつつ、リヤ側はABSオン・オフの切り替えを可能とするなどオフロード走行の使い勝手を向上。
シートアジャスト機構を採用し、スタンダードポジションの870mmから20mm低い850mmへ簡単に変更できる設計としている。

コンセプトは、UNLIMITED ADVENTURE(無限の冒険)

スタイリングのコンセプトは「UNLIMITED ADVENTURE(無限の冒険)」をテーマに、2灯ヘッドライトを採用するなど初代アフリカツインの個性を継承しつつ、現代のダカールラリー参戦モデル「CRF450 RALLY」をイメージさせる冒険心溢れるスタイリングで表現。
カラーリングはラリーマシンをイメージしたヴィクトリーレッド、往年のアフリカツインを彷彿とさせるトリコロール、都会の風景に馴染むデジタルシルバーメタリックの全3色が設定されている。

16YM CRF1000L Africa Twin16YM CRF1000L Africa Twin16YM CRF1000L Africa Twin

最高出力は92ps/7500rpmsということで、このクラスのアドベンチャーツアラーの中では控えめな数値だが、比較的軽量でスリムな車体とオフロード性能にフォーカスした進化型DCTの実力、現在進行形で開発が進められているラリーマシンからの技術的フィードバックなどを考え合わせると、これは相当面白いモデルと言えそうである。試乗できる機会が今から楽しみだ。

【関連ニュース】

◆【試乗レポート】CRF1000L アフリカツイン(Africa Twin)速報レポート! ビックオフの常識を変える走破性
◆ケニー佐川編集長トピックス記事:新型アフリカツインで実感したDCTの凄さとは!
◆ホンダ、アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」を2月22日から国内販売開始
◆ホンダ、アドベンチャーモデル「Africa Twin」成約で ロゴ入りトリップマスターのプレゼントを実施

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る