Honda、2016年モータースポーツ活動計画(海外・国内)の概要を発表

20160212_honda

Hondaは2月12日、2016年のモータースポーツ、海外・国内レースの参戦体制と普及活動計画について、以下の通り発表した。

モータースポーツ参戦体制

Hondaは創業当時から世界の頂点を目指し、モータースポーツ活動に取り組んできました。常に勝利に向かって挑戦を続け、高い目標を達成することで、コーポレートスローガンである「The Power of Dreams」のもと、世界中のお客様と喜びを共有することを目指します。
2016年もHondaはお客様に楽しさと感動をお届けするべく、モータースポーツ活動を展開していきます。

二輪参戦体制概要

ロードレース

◆FIMロードレース世界選手権シリーズ

FIM※1ロードレース世界選手権シリーズの最高峰であるMotoGPクラスには、2016年シーズンでのタイトル奪回を目指し、昨年同様ワークスチーム※2「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」から2年連続(2013年、2014年)チャンピオンのマルク・マルケスとMotoGPクラス参戦11年目となるダニ・ペドロサの2名が2016年型のワークスマシン「RC213V」で参戦します。

また、「エルシーアール・ホンダ(LCR Honda)」からカル・クラッチロー、「マーク・ブイディーエス・レーシング・チーム(Marc VDS Racing Team)」からジャック・ミラー、「エストレーリャ・ガリシア・ゼロ・ポイント・ゼロ・マーク・ブイディーエス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)」からティト・ラバトの3名が参戦します。Hondaは、4チーム5台体制でライダーズタイトルおよびコンストラクターズ、チームの三冠獲得を目指します。

昨シーズンチャンピオンを獲得したMoto3クラスには、2016年型のワークスマシン「NSF250RW」を11台投入し、3年連続ライダーズチャンピオン獲得を目指します。

※1 FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
※2 ワークスチームとは、マシンを製造しているメーカーが運営しているチーム。Hondaでは株式会社ホンダ・レーシング(HRC)が運営するチーム

<MotoGP>
【レプソル・ホンダ・チーム】
マシン:RC213V

ゼッケンNo.93 マルク・マルケス(Marc Marquez) (22) スペイン
ゼッケンNo.26 ダニ・ペドロサ(Dani Pedrosa) (30) スペイン

【エルシーアール・ホンダ】
マシン:RC213V

ゼッケンNo.35 カル・クラッチロー(Cal Crutchlow) (30) 英国

【マーク・ブイディーエス・レーシング・チーム】
マシン:RC213V

ゼッケンNo.43 ジャック・ミラー(Jack Miller) (21) オーストラリア

【エストレーリャ・ガリシア・ゼロ・ポイント・ゼロ・マーク・ブイディーエス】
マシン:RC213V

ゼッケンNo.53 ティト・ラバト(Tito Rabat) (26) スペイン

 
<Moto3>
【エストレーリャ・ガリシア・ゼロ・ポイント・ゼロ】
マシン:NSF250RW

ゼッケンNo.44 アーロン・カネット(Aron Canet) (16) スペイン
ゼッケンNo.9 ホルヘ・ナバロ(Jorge Navarro) (20) スペイン

【オンゲッタ・リヴァコールド】
マシン:NSF250RW

ゼッケンNo.23 ニッコロ・アントネッリ(Niccolo Antonelli) (19) イタリア
ゼッケンNo.95 ジュール・ダニーロ(Jules Danilo) (20) フランス

【ドライブ・エムセブン・エスアイシー・レーシング・チーム】
マシン:NSF250RW

ゼッケンNo.7 アダム・ノロディン(Adam Norrodin) (17) マレーシア
ゼッケンNo.84 ヤコブ・コーンフェール(Jakub Kornfeil) (22) チェコ

【グレッシーニ・レーシング・モトスリー】
マシン:NSF250RW

ゼッケンNo.33 エネア・バスティアニーニ(Enea Bastianini) (18) イタリア
ゼッケンNo.4 ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(Fabio Di Giannantonio) (17) イタリア

【ホンダ・チーム・アジア】
マシン:NSF250RW

ゼッケンNo.76 尾野 弘樹 (Hiroki Ono) (23) 日本(奈良県)
ゼッケンNo.89 カイルール・イダム・パウィ (Khairul Idham Pawi) (17) マレーシア

【アールダブリュウ・レーシング・ジーピー・ビーブイ】
マシン:NSF250RW

ゼッケンNo.11 NSF250RW リビオ・ロイ (Livio Loi) (18) ベルギー

 

◆FIMスーパーバイク世界選手権シリーズ(WSB)

FIMスーパーバイク世界選手権シリーズ(WSB)には、Hondaの英国現地法人ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドが支援する「ホンダ・ワールド・スーパーバイク・チーム(Honda World Superbike Team)」から2006年MotoGP世界チャンピオンのニッキー・ヘイデンとマイケル・ファン・デル・マークが「CBR1000RR」で参戦します。

【ホンダ・ワールド・スーパーバイク・チーム】
マシン:CBR1000RR

ゼッケンNo.69 ニッキー・ヘイデン (Nicky Hayden) (34) 米国
ゼッケンNo.60 マイケル・ファン・デル・マーク (Michael van der Mark) (23) オランダ

 

◆FIMスーパースポーツ世界選手権シリーズ(WSS)

FIMスーパースポーツ世界選手権シリーズ(WSS)には、「ホンダ・ワールド・スーパースポーツ・チーム(Honda World Supersport Team)」からパトリック・ジェイコブセン、「シーアイエー・ランドローズ・インシュランス・ホンダ(CIA Landlords Insurance Honda)」からはカイル・スミス、大久保光、ルーク・ステープルフォード、ステファン・ヒルの4名、バーダル・エバン・ブロス・ホンダ(Bardahl Evan Bros Honda)からはフェデリコ・カリカスロが、「CBR600RR」で参戦します。

【ホンダ・ワールド・スーパースポーツ・チーム】
マシン:CBR600RR

ゼッケンNo.99 パトリック・ジェイコブセン (Patrick Jacobsen) (22) 米国

【シーアイエー・ランドローズ・インシュランス・ホンダ】
マシン:CBR600RR

ゼッケンNo.111 カイル・スミス (Kyle Smith) (24) 英国
ゼッケンNo.81 ルーク・ステープルフォード (Luke Stapleford) (24) 英国
ゼッケンNo.78 大久保 光 (Hikari Okubo) (22) 日本 (東京都)
ゼッケンNo.35 ステファン・ヒル (Stefan Hill) (17) 英国

【バーダル・エバン・ブロス・ホンダ】
マシン:CBR600RR

ゼッケンNo.64 フェデリコ・カリカスロ (Federico Caricasulo) (19) イタリア

EJC:ヨーロッパジュニアカップ ST6:FIM ヨーロッパスーパーストック600選手権

 

◆FIMアジアロードレース選手権シリーズ

【ムサシ・ブンシュウ・ホンダ・レーシング】
マシン:CBR600RR

ゼッケンNo.1 高橋 裕紀 (Yuki Takahashi) (31) 日本 (埼玉県)
ゼッケンNo.21 ザクワン・ザイディ (Md Zaqhwan Zaidi) (20) マレーシア

【エーピー・ホンダ・レーシング・タイランド】
マシン:CBR600RR

ゼッケンNo.59 ラタポン・ウイライロー (Ratthapong Wilairot) (23) タイ
ゼッケンNo.91 ジャクリット・サワンサワット (Jakkrit Swangswat) (24) タイ

【アストラ・ホンダ・レーシング・チーム】
マシン:CBR600RR

ゼッケンNo.20 ディマス・エッキー・プラタマ (Dimas Ekky Pratama) (23) インドネシア
ゼッケンNo.8 ゲリー・サリム (Gerry Salim) (18) インドネシア

【ティー・プロ・ユージー・ホンダ・エヌティーエス】
マシン:CBR600RR

ゼッケンNo.71 小山 知良 (Tomoyoshi Koyama) (32) 日本 (神奈川県)
ゼッケンNo.77 羽田 大河 (Taiga Hada) (17) 日本 (山梨県)

 

◆MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ(JRR)

MFJ※4全日本ロードレース選手権シリーズのJSB1000クラスには、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)のテスト契約ライダーである高橋巧が「ムサシ・アールティ・ハルクプロ(MuSASHi RT ハルク・プロ)」から、同じく秋吉耕佑が「エーユーアンドテルル・コハラ・レーシングチーム(au&Teluru・Kohara RT)」から参戦。トーホー・レーシング(TOHO Racing)から山口辰也、「エフシーシー・ティーエスアール・テルル(FCC TSR Teluru)」から渡辺一馬が昨年に引き続き参戦し、昨年のJ-GP2クラスでチャンピオンを獲得した高橋裕紀が、JSB1000クラスに「モリワキ・レーシング(MORIWAKI RACING)」から「CBR1000RR」で参戦します。

また、FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦の鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、世界選手権および各地域の選手権にHondaから参戦しているライダーを選定し、優勝を目指します。(詳細は決定次第発表します)

※4 MFJとは、Motorcycle Federation of Japan(一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)の略称

<JSB1000>主なチームとライダー
【ムサシ・アールティ・ハルク・プロ】
マシン:CBR1000RR

ゼッケンNo.634 高橋 巧 (Takumi Takahashi) (26) 埼玉県

【トーホー・レーシング】
マシン:CBR1000RR

ゼッケンNo.104 山口 辰也 (Tatsuya Yamaguchi) (39) 埼玉県

【エーユーアンドテルル・コハラ・レーシングチーム】
マシン:CBR1000RR

ゼッケンNo.90 秋吉 耕佑 (Kosuke Akiyoshi) (41) 福岡県

【エフシーシー・ティーエスアール・テルル】
マシン:CBR1000RR

ゼッケンNo.49 渡辺 一馬 (Kazuma Watanabe) (25) 栃木県

【モリワキ・レーシング】
マシン:CBR1000RR

ゼッケンNo.72 高橋 裕紀 (Yuki Takahashi) (31) 埼玉県

 
<J-GP2>主なチームとライダー
【ミストレーサ・ウィズ・ハルク・プロ】
ゼッケンNo.44 HP6 関口 太郎 (Taro Sekiguchi) (40) 東京都

【モリワキ・レーシング】
ゼッケンNo.46 MD600 日浦 大治朗 (Daijiro Hiura) (21) 愛知県

【エーユーアンドテルル・コハラ レーシングチーム】
ゼッケンNo.90 TSR2 渥美 心 (Kokoro Atsumi) (20) 静岡県

【モトバム・ホンダ】
ゼッケンNo.8 CBR600RR 大木 崇行 (Takayuki Ooki) (37) 神奈川県

【チーム・コウタケ・アールエスシー】
ゼッケンNo.15 MD600 作本 輝介 (Kosuke Sakumoto) (19) 鹿児島県

【ムサシ・アールティ・ハルク・プロ】
ゼッケンNo.634 HP6 水野 涼 (Ryo Mizuno) (17) 群馬県

 
<J-GP3>主なチームとライダー
【ムサシ・アールティ・ハルク・プロ】
ゼッケンNo.634 NSF250R 栗原 佳祐 (Keisuke Kurihara) (18) 東京都

 
<ST600>主なチームとライダー
【チーム・コウタケ・アールエスシー】
ゼッケンNo.8 CBR600RR 岩戸 亮介 (Ryosuke Iwato) (18) 福岡県

【モトバム・ホンダ】
ゼッケンNo.9 CBR600RR 榎戸 育寛 (Ikuhiro Enokido) (17) 東京都

 

モトクロス

◆FIMモトクロス世界選手権シリーズ(MXGP)

モトクロス世界選手権シリーズでは、最高峰クラスのMXGP(450cc)クラスに、昨シーズンランキング2位のゴーティエ・ポーリンと3位のイブジェニー・バブリシェフが、ワークスチーム「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」から参戦します。また、昨シーズンMX2(250cc)クラスでチャンピオンを獲得したティム・ガイザーが「チーム・ホンダ・ガリボルディー・レーシング(Team Honda Gariboldi Racing)」から参戦。3ライダーともにマシンは2016年型のワークスマシン「CRF450RW」を駆ってチャンピオン獲得を目指します。

さらに、HRC契約ライダーの山本鯨が「チーム・ホンダ・レッドモト・アッソモーター(Team Honda Redmoto Assomotor)」から「CRF450R」で参戦します。昨シーズン、チャンピオンを獲得したMX2クラスには、19歳のホルヘ・ザラゴザがチャンピオンチームの「チーム・ホンダ・ガリボルディー・レーシング(Team Honda Gariboldi Racing)」からワークスマシン「CRF250RW」で参戦します。

<MXGP>
【チーム・エイチアールシー】
マシン:CRF450RW

ゼッケンNo.21 ゴーティエ・ポーリン (Gautier Paulin) (25) フランス
ゼッケンNo.777 イブジェニー・バブリシェフ (Evgeny Bobryshev) (28) ロシア

【チーム・ホンダ・ガリボルディー・レーシング】
ゼッケンNo.243 CRF450RW ティム・ガイザー (Tim Gajser) (19) スロベニア

【チーム・ホンダ・レッドモト・アッソモーター】
ゼッケンNo.400 CRF450R 山本 鯨 (Kei Yamamoto) (24) 日本 (埼玉県)

 
<MX2>
【チーム・ホンダ・ガリボルディー・レーシング】
ゼッケンNo.101 CRF250RW ホルへ・ザラゴザ (Jorge Zaragoza) (19) スペイン

 

◆AMAスーパークロス世界選手権シリーズ(450SX)

AMA※3スーパークロス世界選手権シリーズの450SX(450cc)クラスには、Hondaの米国現地法人アメリカン・ホンダモーターの運営するワークスチーム「チーム・ホンダ・エイチアールシー(Team Honda HRC)」から、新人ながら1勝を挙げたコール・シーリーと、2勝を挙げながらもケガで苦しんだトレイ・カナードが「CRF450R」で参戦します。

※3 AMAとは、American Motorcyclist Association(アメリカモーターサイクル協会)の略称

【チーム・ホンダ エイチアールシー】
マシン:CRF450R

ゼッケンNo.14 コール・シーリー (Cole Seely) (25) 米国
ゼッケンNo.41 トレイ・カナード (Trey Canard) (25) 米国

 

◆MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ(JMX)

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズIA1(450cc)クラスには、ワークスチーム「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」から、これまで10回のチャンピオンを獲得した成田亮がワークスマシン「CRF450RW」で参戦し、チャンピオン奪回を狙います。

また、昨年「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」の富田俊樹がチャンピオンを獲得したIA2(250cc)クラスには、2015年ランキング2位の能塚智寛がHondaに移籍し、ワークスマシン「CRF250RW」で、Hondaとして同クラスでの連覇を狙います。

<IA1>主なチームとライダー
【チーム・エイチアールシー】
ゼッケンNo.982 CRF450RW 成田 亮 (Akira Narita) (35) 青森県

【チーム・ハチハチナナ・ウィズ・ホンダドリームカワサキミヤマエ】
ゼッケンNo.41 CRF450R 馬場 大貴 (Daiki Baba) (23) 静岡県

【ワンダブルディ・チーム・サクライ・ウィズ・ワキショウジ】
ゼッケンNo.1 CRF450R 長門 健一 (Kenichi Nagato) (20) 広島県

 
<IA2>主なチームとライダー
【チーム・エイチアールシー】
ゼッケンNo.28 CRF250RW 能塚 智寛 (Chihiro Notsuka) (19) 福岡県

【チーム・ナカキ・ホンダ】
ゼッケンNo.113 CRF250R 田中 雅己 (Masami Tanaka) (26) 大阪府

【エヌ・アール・ティ】
ゼッケンNo.122 CRF250R 古賀 太基 (Taiki Koga) (18) 福岡県
ゼッケンNo.36 CRF250R 横澤 拓夢 (Takumu Yokosawa) (18) 岩手県

【ティ・イー・スポーツ】
ゼッケンNo.34 CRF250R 大塚 豪太 (Gota Otsuka) (19) 栃木県

【チーム・ハマー】
ゼッケンNo.2 CRF250R 鈴村 英喜 (Eiki Suzumura) (16) 石川県

 
<Lady’s Class(LX)> 主なチームとライダー
【チーム・ハマー】
ゼッケンNo.2 CRF150R 竹内 優菜 (Yuna Takeuchi) (18) 静岡県

【ティ・イー・スポーツ】
ゼッケンNo.3 CRF150R 邵 洋子 (Yoko Sho) (21) 京都府

【チーム・イトモ】
ゼッケンNo.7 CRF150R 勝股 七海 (Nanami Katsumata) (21) 千葉県

 

トライアル

◆FIMトライアル世界選手権シリーズ(WCT)

トライアル世界選手権シリーズには、昨年同様ワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」から、9年連続チャンピオンのトニー・ボウ、参戦21年目にして通算300戦を迎える藤波貴久、昨シーズン躍進したハイメ・ブストがワークスマシン「COTA4RT」で参戦し、ライダーズタイトル獲得とコンストラクターズタイトル11連覇を狙います。

【レプソル・ホンダ・チーム】
マシン:COTA4RT

ゼッケンNo.1 トニー・ボウ (Toni Bou) (29) スペイン
ゼッケンNo.5 藤波 貴久 (Takahisa Fujinami) (36) 日本 (三重県)
ゼッケンNo.6 ハイメ・ブスト (Jaime Busto) (18) スペイン

 

◆全日本トライアル選手権シリーズ(JTR)

MFJ全日本トライアル選手権シリーズのIASクラスでは、昨年自身5度目のチャンピオンを獲得したHRCのテスト契約ライダー小川友幸が「RTL300R」を駆って「エイチアールシー・クラブ・ミタニ(HRC CLUB MITANI)」から参戦し、4年連続6回目のチャンピオン獲得を目指します。

<IAS>主なチームとライダー
【エイチアールシー・クラブ・ミタニ】
ゼッケンNo.1 RTL300R 小川 友幸 (Tomoyuki Ogawa) (39) 三重県

【エイチアールシークラブカントウ・エスダブリュマルヤマ】
ゼッケンNo.16 RTL300R 武井 誠也 (Masaya Takei) (18) 埼玉県

 

世界で活躍するライダー・ドライバーの育成

ロードレースでは二輪モータースポーツへの関心が急速に高まるアジア地域においてHondaのレース活動と連動し、ロードレース世界選手権にチャレンジする若手ライダーの夢の具現化を目指しています。「FIM アジアロードレース選手権シリーズ(ARRC)」の中で開催され、日本を含むアジア地域各国からライダーを選抜して将来のグランプリライダーを輩出する育成プログラム「アジア・ドリーム・カップ(ADC)」や、MotoGP主催者の「ドルナ・スポーツ(DORNA)」が主催する「シェル・アドバンス・アジア・タレント・カップ(SAATC)」を引き続きサポート。これらのレースからのステップアップの場として「FIM CEV Repsol Moto3 Junior World Championship」や、「FIMロードレース世界選手権シリーズMoto2クラス」へ参戦する「イデミツ・ホンダ・チーム・アジア(IDEMITSU Honda Team Asia)」をサポートします。

そして今年から新たにMoto3に参戦する「ホンダ・チーム・アジア(Honda Team Asia)」は、2013年のADCチャンピオンで昨年からMoto3に参戦している尾野弘樹が加入し、そのチームメイトには、2014年ADCチャンピオンであり、昨年「FIM CEV Repsol Moto3 Junior World Championship」で活躍したカイルール・イダム・パウィを起用します。

モトクロスでは全日本選手権シリーズへ参戦するチーム・ライダーの国内合宿をはじめ、将来有望な若手ライダーによる米国キャンプやMXGPへの参戦などの育成プログラムを継続します。

また、「AMAモトクロス選手権シリーズ」MX450(450ccクラス)に、全日本モトクロス選手権IA2(250ccクラス)チャンピオンでHRC契約ライダーの富田俊樹を参戦させ、世界で戦える人材の育成を目指します。

 

二輪カテゴリーにおける人材育成

◆FIMロードレース世界選手権シリーズ

<Moto2>
【イデミツ・ホンダ・チーム・アジア】
マシン:Kalex

ゼッケンNo.30 中上 貴晶 (Takaaki Nakagami) (24) 日本 (千葉県)
ゼッケンNo.14 ラタパーク・ウィライロー (Ratthapark Wilairot) (27) タイ

 
<Moto3>
【ホンダ・チーム・アジア】
マシン:NSF250RW

ゼッケンNo.76 尾野 弘樹(Hiroki Ono) (23) 日本 (奈良県)
ゼッケンNo.89 カイルール・イダム・パウィ (Khairul Idham Pawi) (17) マレーシア

 

◆FIM CEVレプソルMoto3ジュニア世界選手権

【アジア・タレント・チーム】
マシン:NSF250RW

ゼッケンNo.TBD 佐々木 歩夢 (Ayumu Sasaki) (15) 日本 (神奈川県)
ゼッケンNo.TBD 真崎 一輝 (Kazuki Masaki) (15) 日本 (福岡県)

 
【エーピー・ホンダ・レーシング・タイランド】
ゼッケンNo.TBD NSF250RW ナカリン・アティラットプワパット (Nakarin Atiratphuvapat) (20) タイ

【アストラ・ホンダ・レーシング・チーム】
ゼッケンNo.TBD NSF250RW アンディ・イズディハール (Andi Izdihar) (18) インドネシア

 

◆FIM CEVレプソルMoto2ヨーロッパ選手権

【アストラ・ホンダ・レーシング・チーム】
ゼッケンNo.TBD Kalex ディマス・エッキー・プラタマ (Dimas Ekky Pratama) (23) インドネシア

【エイチフォーティースリー・チーム・ノビー・タラスール】
ゼッケンNo.81 Kalex 山田 誓己(Sena Yamada) (21) 日本 (栃木県)

 

◆AMAモトクロス選手権シリーズ(MX450)

【TBD】
ゼッケンNo.TBD CRF450R 富田 俊樹 (Toshiki Tomita) (25) 日本 (石川県)

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る