[YAMAHA]AMA Rd.5 450SX:C・リードが6位、250SX:C・ウェブが2位!

160212_112

■開催日:2016年2月6日(土)
■開催地:アリゾナ州グレンデール
■会場:フェニックス大学スタジアム
■観客数:53,055人

2016年AMAスーパークロス第5戦が2月6日土曜日、舞台をアリゾナ州グレンデールに移し、フェニックス大学スタジアム(University of Phoenix Stadium)に53,055人もの大観衆を集めて開催された。

予選後に行われる2つのヒートレースはそれぞれ1位から4位までに入ったライダーがそのままメインイベントへの出場権を得る。Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racingからエントリーのチャド・リードはヒート1に参加して3位となり、メインイベント進出を決める。 Autotrader/Monster/Yamaha/JGR teamのウエストン・パイクもヒート2で4位となり、そのままメインイベント進出を決める。一方、チームメイトのフィリップ・二コレッティはヒート1で7位に終わったため、セミレースへ。2つ行われるセミレースでは、それぞれ上位5位までのライダーがメインイベントに進出できる。二コレッティはセミ2に参加して5位となり、メインイベントへの進出を決めた。

20周で争われるメインイベント。ここでC・リードはオープニングラップを終えて6位でコントロールラインを通過する。2周目にM・アレッシ(ホンダ)を抜いて5位に上がるが、4周目にはディフェンディングチャンピオン、R・ダンジ―(KTM)の先行を許して再び6位に後退。その後、レース中盤になると後方から追い上げてきたM・ムスキャン(KTM)と激しい6位争いを展開する。一度はムスキャンの先行を許したリードだったが、その後抜き返し、ポジションを奪還。リードは6位でチェッカーフラッグを受けた。

一方、W・パイクは1周目を終えて12位とやや出遅れるが、少しずつ順位を上げ、6周目までにトップ10圏内に入る。レース後半になるとパイクはW・ハーン(カワサキ)、M・アレッシ(ホンダ)らとバトルを展開。順位を入れ替えながらの接戦は最終ラップまで続き、パイクは11位でフィニッシュした。

P・二コレッティはオープニングラップを終えて15位で戻って来た。コンスタントに走行する二コレッティはレース中盤に13位まで順位を上がるが、12周目に小さなアクシデントに見舞われて19位まで後退してしまう。結局、二コレッティはトップから1周遅れの17位でレースを終えた。 尚、レースはK・ロクスン(スズキ)が優勝を果たした。

2016年AMAスーパークロス・シリーズ第6戦は2月13日土曜日、カリフォルニア州サンディエゴのぺトコ・パークで開催される。

160212_111

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る