[HONDA]MotoGP 今季初のテストは、2016年から実施される共通ソフトウエアのセットアップに集中

160210_110

2016年シーズンの幕開けを告げる公式テストが、2月1日(月)~3日(水)の3日間、マレーシアのセパン・サーキットで行われました。ルールにより、12月1日~1月31日は、レギュラーライダーによるテストが禁止されています。そのため、レギュラーライダーの今季初テストに向けて、1月30日(土)、31日(日)の2日間、テストライダーによる予備テストが行われた上で、2月1日から公式テストが始まりました。

今季初のテストに参加したのは、Repsol Honda Teamのマルク・マルケスとダニ・ペドロサ、LCR Hondaのカル・クラッチロー、Estrella Galicia 0,0 Marc VDSのティト・ラバトの4選手。今季、MotoGPクラスに参戦するHonda勢は5選手ですが、MARC VDS Racing Teamから参戦するジャック・ミラーは、モトクロストレーニング中に右脚を負傷したため、今回のテストへの参加を見送りました。

連日、30℃を超える猛暑で、1日目と2日目は青空が広がりました。3日目は何度かスコールとなりましたが、予定していた周回数をほぼこなし、3日間のテストを終了しました。

160210_111

今年は、2つの大きなルールの変更があります。一つは、14年に採用されたECU(エンジン・コントロール・ユニット、エンジン制御を司るコンピューター)の共通ハードウエアに続き、今年から全車共通のソフトウエアが採用されること。もう一つは、MotoGPクラスに供給されるタイヤが、ブリヂストンからミシュランへと変わったことです。そのため今年のウインターテストは、マシン作りに大きな影響を及ぼすこの2つの変更点を確認しながら、マシンの調整を行う必要があります。マレーシア、オーストラリア、カタールと続く3度のテストは、これまでになく重要なものになります。

13年に史上最年少記録で世界チャンピオンに輝き、14年にシーズン史上最多優勝記録を更新して2連覇を果たしたマルケスは、昨年はシーズン5勝を挙げて総合3位という結果でした。今年はタイトル奪還と、3度目のチャンピオン獲得を目指すことになります。

マルケスは今回のテストで、16年型RC213Vに新しい電子制御を組み込んで、3日間のテストに取り組みました。スペックが少し異なるエンジンを搭載した2台のマシンを使い、新しい電子制御を調整。同時に、ミシュランタイヤのフィーリングを確かめながら、3日間で147ラップをこなし、集中したテストを行いました。

160210_112

昨年のテストでは、1分58秒台という前人未踏のスーパーラップを叩き出したマルケスですが、今年は変更された2つのルールを確認しながらのテストとなり、ベストタイムは2分00秒843。3日間の総合では5番手となりました。RC213Vのパフォーマンスを十分に引き出したとは言えませんが、次回のテストに向けて、多くのデータ収集に成功しました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る