KTM、RC CUP/390CUP 出場車両の輸送サービスを開始 高栄運輸の協力で実現

160210_01

KTM Japanは、RC CUPオフィシャルパートナーである高栄運輸株式会社の協力による、RC CUP/390 CUP出場車両の輸送サービスを開始する。

レース車両の運搬に必要不可欠なトランスポーターを所有しなくても、自宅からサーキットまで車両輸送することができるため、レンタカーを利用していたユーザーは今までよりも気軽にレースに出ることが可能。

また、移動手段として公共機関を利用するという選択もできるようになったことにより、長距離運転を危惧して行きづらかった遠方のレースも行きやすくなるため、転戦となるRC CUP/390 CUPに参加しやすい環境が提供されることになる。

以下プレスリリースより

この輸送サービスでは車両本体のほか、小さな工具箱、ガソリン携行缶1個、ライダー用チェア1個までが基本料金で積み込むことができ、さらにお近くのディーラーや高栄運輸の大阪本社(東大阪市)、または関東営業所(さいたま市岩槻区)へ持込や引き取りの場合は割引が適用される。

利用する場合は高栄運輸のホームページのエントリーフォームから送信または申し込み用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上FAXまたはメールにてエントリー。車両引き取り時に養生などの用意も必要ないので簡単に利用できるのも大きな魅力だ。

▼クリックで拡大
160210_03

※ 料金は税抜き価格で、ご自宅にお引き取りをし、レース終了後、ご自宅にお返しする場合の料金です。
※ お近くのディーラー様へお持ち込み、またはお引き取りの場合、それぞれ1,500円の値引きがございます。
※ 高栄運輸株式会社の大阪本社(東大阪市)、または関東営業所(さいたま市岩槻区)にお持ち込み、引き取りの場合、それぞれ2,500円の値引き。
※ お引き取りはレース開催日程の約10日前に引き取り、お返しはレース終了後、約10日でお返しします。
※ 上記料金はバイクとそれに付帯する貨物の輸送料金です。フライト、ホテルの手配は別途料金で承ります。

輸送に関するお問い合わせは高栄運輸まで。
ホームページ:http://www.koei-t.com/

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る