[Team KAGAYAMA]2016年 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ参戦体制を発表

160209_01

Team KAGAYAMAは、チーム結成6年目を迎える今シーズンも引き続き、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズにJSB1000クラスならびにJ-GP2クラスへ参戦することを発表した。

以下プレスリリースより

2016 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ全9戦

[JSB1000クラス] #71 加賀山 就臣(カガヤマ ユキオ)

チームオーナーでもある加賀山就臣が、同クラスへ継続参戦致します。
これまでのマシンをより成熟させ、勝利だけではなく、悲願の年間タイトル獲得を目指します。

[J-GP2クラス] #94 浦本 修充(ウラモト ナオミチ)

チームフル参戦2年目となる今シーズンは、新たに浦本修充を起用し、浦本個人としても、チームとしても初となる年間タイトル獲得へ挑みます。

J-GP2クラスへの参戦は、Team KAGAYAMAの若手ライダー育成プログラムのひとつであります。
2014年シーズンに、MeeT@UP(ミータップ)というクラウドファンディングを用いて多くの支援者を募り、マシンの製作・開発を行い、終盤2戦でのレース参戦をし、十分に戦えるマシンである事を確認。2015年シーズンへのフル参戦を決定致しました。

ライダー選考会を実施し、第一期生となる若手ライダーを起用。チーム、ライダー共に手探りの状況の中で始まったシーズンではありましたが、徐々にまとまりをみせ安定した成績で、無事にシーズンを終える事が出来ました。

そして、2年目となる今シーズン。2012 年からの3年間を同クラスの参戦経験のある、浦本修充選手を起用し、Team KAGAYAMA より SUZUKI GSX-R600をアップデートしたマシンで戦います。

この若手ライダー育成プログラムでは、全日本選手権で活躍出来るライダーを発掘し育てる事を目標とするだけでなく、世界で活躍出来るライダーを育成する事を目的としています。

今シーズンもTeam KAGAYAMAの活動にご声援を宜しくお願い致します。

Team KAGAYAMAオーナー兼JSB1000ライダー 加賀山就臣コメント

「Team KAGAYAMAを2011年に立ち上げ、今年で6年目のシーズンを皆様のおかげで迎える事が出来ました。
過去最高のシーズンにするべく、レーシングライダーとして、チームオーナーとして全力で戦っていきます。若手の修充選手がどこまで行けるか楽しみです。しっかりと見守って行きたいと思います。2016年 もTeamKAGAYAMAへの応援をよろしくお願いします。」

Team KAGAYAMA J-GP2ライダー 浦本修充コメント

「今年から心機一転でチームを移籍してTeam KAGAYAMAで走らせていただくことになりました。初めてのチーム、バイク、久し振りのダンロップタイヤですが、自分自身どれだけポテンシャルを引き出せるかすごく楽しみです。加賀山さん、武田さんから色々学ばせていただき、チーム一丸となり最高の結果を残せるように全身全霊をかけて一戦一戦、戦いたいと思います。」

Team KAGAYAMA J-GP2アドバイザー 武田雄一コメント

「今年も引き続き、開発テストをメインに行い、加賀山選手だけでなく、チーム全体のサポート、そして新たにチームに加わってくれた浦本選手のアドバイザーとして彼の持つ力を最大限に引出し、両クラスチャンピオン獲得という目標に向けて頑張ります。」

→全文を読む

情報提供元 [ Team KAGAYAMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る