[HONDA]AMA Rd.5 表彰台を狙うシーリーは8位フィニッシュでランキングは6位に

160208_110

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSの第5戦グレンデールは、2月6日(土)にアメリカ、アリゾナ州グレンデールのユニバーシティ・オブ・フェニックススタジアムで行われました。

カリフォルニアからアリゾナへと州を移して行われた第5戦。スーパークロス初開催となったユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアムは、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のアリゾナ・カーディナルスが本拠地を置く、アメリカンフットボールの開閉式ドームスタジアムです。普段、レースが行われる野球場とは異なる横長のスタジアムで、敷地面積がやや狭いため、今回はインフィールドとバックヤードをつないだ特別なコースレイアウトが採用されました。

第3戦アナハイム2で手を負傷し、前戦オークランドは途中欠場となったTeam Honda HRCのトレイ・カナードは、タイトル争いから離れてしまったことで、ケガの回復とコンディションを取り戻すことを優先し、今大会を欠場しました。一方、ランキング5位につけるチームメートのコール・シーリーは、タイムアタック予選で6番手タイムをマークすると、予選ヒート1組目を4位でフィニッシュし、ファイナルレースへと確実に駒を進めました。

迎えた決勝レース、まずまずのスタートを決めたシーリーは、オープニングラップを5番手でクリア。2周目にマイク・アレッシ(Smartop MotoConcepts)をパスし、5周目にはデビット・ミルサップス(KTM)をパスして3番手にポジションを上げました。しかしその直後、シーリーは痛恨のミスで大きくポジションダウン。その周回を9番手で戻ってくると、後半に8番手となりましたが、それ以上はかなわず、8位でレースを終えました。この結果、シーリーの暫定ランキングは6位となっています。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る