[HONDA]AMA Rd.5 表彰台を狙うシーリーは8位フィニッシュでランキングは6位に

160208_110

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSの第5戦グレンデールは、2月6日(土)にアメリカ、アリゾナ州グレンデールのユニバーシティ・オブ・フェニックススタジアムで行われました。

カリフォルニアからアリゾナへと州を移して行われた第5戦。スーパークロス初開催となったユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアムは、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のアリゾナ・カーディナルスが本拠地を置く、アメリカンフットボールの開閉式ドームスタジアムです。普段、レースが行われる野球場とは異なる横長のスタジアムで、敷地面積がやや狭いため、今回はインフィールドとバックヤードをつないだ特別なコースレイアウトが採用されました。

第3戦アナハイム2で手を負傷し、前戦オークランドは途中欠場となったTeam Honda HRCのトレイ・カナードは、タイトル争いから離れてしまったことで、ケガの回復とコンディションを取り戻すことを優先し、今大会を欠場しました。一方、ランキング5位につけるチームメートのコール・シーリーは、タイムアタック予選で6番手タイムをマークすると、予選ヒート1組目を4位でフィニッシュし、ファイナルレースへと確実に駒を進めました。

迎えた決勝レース、まずまずのスタートを決めたシーリーは、オープニングラップを5番手でクリア。2周目にマイク・アレッシ(Smartop MotoConcepts)をパスし、5周目にはデビット・ミルサップス(KTM)をパスして3番手にポジションを上げました。しかしその直後、シーリーは痛恨のミスで大きくポジションダウン。その周回を9番手で戻ってくると、後半に8番手となりましたが、それ以上はかなわず、8位でレースを終えました。この結果、シーリーの暫定ランキングは6位となっています。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る