ROCZEN & RCH SUZUKI WIN GLENDALE SUPERCROSS

160208_104

RCH Suzuki Factory Racing’s Ken Roczen raced to victory in Saturday night’s AMA/ FIM World Supercross Championship fifth round at Phoenix Stadium in Glendale Arizona.

The RCH Soaring Eagle/ Jimmy John’s/ RM-Z450 rider led from the first lap to take the flag in the 20-lap Main Event by 4.5 seconds and moved up to second in the championship with 12 rounds remaining.

Full report and photos to follow…

450SX Results:
1 Ken Roczen (RCH Suzuki), 2 Ryan Dungey (KTM), 3 Eli Tomac (Kawasaki), 4 Jason Anderson (Husqvarna), 5 Davi Millsaps (KTM), 6 Chad Reed (Yamaha), 7 Justin Brayton (KTM), 8 Cole Seely (Honda), 9 Marvin Musquin (KTM), 10 Will Hahn (Kawasaki). 14 Jake Weimer (RCH Suzuki).

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. パルサーカバーとジェネレーターカバーの2点をラインナップ ヨシムラジャパンは、カワサキZ9…
  2. 第10回!4ミニだらけの恒例イベント 10月27日(土)に、鈴鹿ツインサーキットで「ENJ…
  3. ツーリングプランのコースを無料でナビゲーション ナビタイムジャパンは、2018年8月17日…
  4. 高品質なスプロケットやブレーキディスクでおなじみのサンスターから、Z900RS用の超お得なキ…
ページ上部へ戻る