[KTM]AMA SX Rd.5 ダンジーがスタートミスから追い上げ、2位表彰台を獲得

160208_05

アリゾナ州で開催された『2016スーパークロス/第5戦フェニックス』。Red Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#1/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は2位でフィニッシュ。連勝は3でストップしました。

#25/Marvin Musquin(マーヴィン=ムスキャン)は9位でレースを終えています。#15/DeanWilson(ディーン=ウィルソン)は怪我のため前戦より欠場しています。

ダンジーとムスキャンは同じヒートレースに出場。ダンジーは好スタートを決めると早々にトップに立ち、完璧なレース展開でゴール。またムスキャンも好レースを展開し、ダンジーに次ぐ2位でゴール。ともに決勝に駒を進めます。

迎えた決勝。2人のKTMライダーはともにスタートに失敗し15位と16位で第1コーナーに進入します。しかしダンジーはそこからすぐに反撃体勢を造り11位にポジションアップ。ムスキャンもそれに続きます。

ダンジーはそこからさらにペースを上げ、3周のうちに6位に順位を回復。レース中盤には表彰台獲得位置まで順位を上げます。そして追撃の手をさらに強めラスト数周で2位にポジションを上げ、そこでチェッカーを受けました。一方ムスキャンもレース前半にペースを上げ、中盤には6位にポジションアップ。しかしそこで転倒を喫し9位にポジションを落としてしまいます。そこから順位回復を目指してペースアップを試みたムスキャンですが、そのまま9位でチェッカーを受けました。

ダンジーのコメント:
「今日のコースはタフだった。スタートに失敗し、そこから順位を上げるのに苦労した。しかしトップを走ったK・ロクツェン(スズキ)はとても速かった。終盤で2位に上がることでき、そのことでポイントスタンディングスでの差を少しでも多くキープすることができた」

次戦/第6戦は、2月13日(土)カリフォルニア州サンディエゴで開催されます。

■450SXクラス 決勝結果:
1, Ken Roczen
2, Ryan Dungey – KTM
3, Eli Tomac
Other KTM
5, Davi Millsaps
7, Justin Brayton
9, Marvin Musquin

◎450SXクラス ポイントスタンディング
1, Dungey(KTM), 119 points
2, Roczen, 98
3, Anderson, 93

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る