ヤマハ、「YZF-R1」とエンジン音翻訳アプリ「Rev Translator」が、世界的デザイン賞「iFデザインアワード」を3年連続受賞

160205_127

ヤマハ発動機のスーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」と、エンジン音を翻訳するスマートフォンアプリ「Rev Translator(レヴ トランスレーター)」が、世界的に最も権威のあるデザイン賞のひとつである「iFデザインアワード」のプロダクト部門、コミュニケーション部門でそれぞれ「iFデザインアワード 2016」を受賞した。

「Rev Translator」がコミュニケーション部門で初受賞 世界的デザイン賞「iFデザインアワード」を3年連続受賞

プロダクト部門での受賞は3年連続、コミュニケーション部門での受賞は今回が初めてとなります。

「YZF-R1」は、MotoGPマシン「YZR-M1」の技術思想を体感できるサーキット最速のポテンシャルを備えるモデルとして開発した、スーパースポーツの新型フラッグシップモデルです。 デザインは、MotoGPマシン「YZR-M1」のイメージを投影するとともに“Speed Racer”をコンセプトにイノベーションを図り、新たなR-DNAを構築しました。

「Rev Translator」は世界初の“エンジン音”を翻訳するスマートフォン向けアプリです。翻訳キャラクターは性格別に6 種類あり、セリフは1 億通り以上の組み合わせがあります。また、エンジン音によって喜怒哀楽が表示され、時間や天気でもセリフが異なります。

「iFデザインアワード」は、ドイツ・ハノーファーを拠点とするデザイン振興のための国際的な組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が1953年から主催しているデザイン賞で、毎年、全世界の工業製品等を対象に優れたデザインが選定されています。

160205_126

[ヤマハ発動機 デザインアワードサイト]
http://global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/design/awards/

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る