【新車】ホンダ、50ccスクーター「タクト」のカラーバリエーションを変更し発売

2160205-tact_002H

Hondaは、シンプルで落ち着いたデザインと取り回しやすい車体サイズに、力強い出力特性と環境性能に優れた水冷・4ストローク・OHC・単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載した50ccスクーター「タクト」と、低シート高タイプの「タクト・ベーシック」のカラーバリエーションを変更するとともに、生産をこれまでのベトナムから日本の熊本製作所に移管して2月12日(金)に発売する。

タクトのカラーリングは、上質感のあるクラシカルホワイトとマホガニーブラウンメタリックを新たに採用したほか、継続採用の1色を含め全3色のカラーバリエーション。タクト・ベーシックは、鮮やかなグリントウェーブブルーメタリックをはじめとした新採用の4色と継続採用の3色を合わせた全7色の豊富なカラーバリエーションとし、幅広い層のユーザーの好みに応えられるものとしている。

タクト

クラシカルホワイト

2160205-tact_002H

2160205-tact_003H

 

マホガニーブラウンメタリック

2160205-tact_001H

 

タクト・ベーシック

グリントウェーブブルーメタリック

2160205-tact_006H

2160205-tact_007H

 

キャンディーアルカディアンレッド

2160205-tact_008H

 

ピーチピンクメタリック

2160205-tact_004H

 

パールフラッシュイエロー

2160205-tact_005H

 

タクトのカラーバリエーション

・クラシカルホワイト(新色)
・マホガニーブラウンメタリック(新色)
・キャンディーノーブルレッド

 

タクト・ベーシックのカラーバリエーション

・グリントウェーブブルーメタリック(新色)
・キャンディーアルカディアンレッド(新色)
・ピーチピンクメタリック(新色)
・パールフラッシュイエロー(新色)
・ポセイドンブラックメタリック
・マホガニーブラウンメタリック
・フォースシルバーメタリック

 

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計45,000台

 

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

■タクト:172,800円(消費税抜き本体価格 160,000円)
■タクト・ベーシック:159,840円(消費税抜き本体価格 148,000円)

 

主要諸元

通称名 タクト
車名・型式 ホンダ・JBH-AF79
全長×全幅×全高 (mm) 1,675×670×1,035
軸距 (mm) 1,180
最低地上高 (mm) 105
シート高 (mm) 720【705】
車両重量 (kg) 79【78】
乗車定員 (人) 1
最小回転半径 (m) 1.8
エンジン型式・種類 AF74E・水冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量 (cm3) 49
内径×行程 (mm) 39.5×40.2
圧縮比 12.0
最高出力 (kW[PS]/rpm) 3.3[4.5]/8,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 4.1[0.42]/7,500
燃料消費率(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値
80.0(30km/h定地走行テスト値) <1名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)
56.4(クラス1) <1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式(キック式併設)
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 4.5
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1 速 2.850〜0.860
キャスター角(度)/トレール量(mm) 26°30´/75
タイヤ 80/100-10 46J
80/100-10 46J
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る