[REDBULL]2016年ダカール王者トビー・プライス、独占インタビュー!

160205_108

世界で最も過酷な環境下で世界最長距離を走るダカール・ラリーは、経験豊富な百戦錬磨のドライバー/ライダーたちにとっても究極のチャレンジになる。ダカールで成功を収めることは、他のモータースポーツのそれとは比べ物にならない。計13ステージ/5500マイル(約8851km)を走破して表彰台に辿り着くためには、その何倍もの距離を走行して経験を積み重ねなければならない。

その途方も無い偉業を成し遂げたのが、トビー・プライスという男だ。
このオーストラリア出身のライダーは、ダカール・ラリー初挑戦を果たした2015年に3位という好成績を残していたが、2016年もその勢いを更に加速させて見事に総合優勝を勝ち取った。ダカール・ラリーでオーストラリア人が優勝したのは4輪/2輪を含めて今回が初めてであり、しかも参戦わずか2回目での優勝はダカール・ラリー史上最短記録だ。

南米から母国オーストラリアへダカールの優勝トロフィーを持ち帰る帰途、プライスは米国のRed Bullオフィスに立ち寄り、その歴史的勝利について我々に語ってくれた。

世界で最も過酷なラリーと呼ばれるダカールでオーストラリア人初の王者となったトビー・プライスが、苦難に満ちたレースを振り返る。

→全文を読む

情報提供元 [ REDBULL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る