ドゥカティ・スクランブラーの新たな400ccモデル「Sixty2」が発売

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

Sixty2

今週、ドゥカティ・スクランブラー「Sixty2」の発表会が開催された。東京・青山のオープンカフェを貸切っての自由な雰囲気が、新しいドゥカティのブランドを象徴しているようである。

1962年の初代スクランブラーに由来する「Sixty2」のネーミング

「Sixty2」の名称は、ドゥカティが米国向けにリリースした初代スクランブラーの製造年に由来するものだ。1962年当時はスケートボード、サーフィン、ポップミュージックなどの若者文化が一斉に花開いた時代であり、こうした米国発のサブカルチャーからインスピレーションを得ているとのこと。
排気量も400ccとしたことで、日本では普通二輪免許でも乗れるドゥカティとして、スクランブラーシリーズの中でも最もポピュラーな「ポップ・アイコン」としての役割が期待されている。

400ccクラスで貴重な空冷L型2気筒エンジン

ドゥカティのスタイルとクオリティを犠牲にすることなく、よりユーザー・フレンドリーで手頃な価格を実現したのがスクランブラー「Sixty2」である。エンジンはスクランブラーのSTDモデル、「アイコン」をベースにした空冷L型2気筒2バルブ399ccでボア×ストロークは72mm×49mmに設定。「アイコン」の803ccに対してボア×ストローク(88mm×66mm)ともにダウンサイズしている。

FIは800cc版同様に50mm径のシングル・スロットルボディを採用し2本のインジェクターを搭載。滑らかなパワーデリバリーと精密な制御を実現。最高出力は41hp/8,750rpm、最大トルク34.3Nm/7,750rpmということで、800cc版の72ps/8250rpm、67Nm/7,750rpmに比べると当然、排気量なりのスペックとなっている。

新設計のフレームはツインアッパースパーを備えるスチール製トレリスタイプでドゥカティならではの剛性を確保。24°のキャスター角と112mmのトレールは800cc版と同様ながら、ホイールベースは15mm長い1,460mmとし高速安定性に寄与している。なお、スイングアームも新設計のスチール製で、新しくなったティアードロップ型燃料タンクと同じ素材が使われているのも特徴だ。

ABSは標準装備で、リアタイヤもサイズダウンし軽快感を高める

足回りも専用設計である。フロントサスペンションは800cc版が倒立タイプであるのに対し「Sixty2」はトラディショナルなショーワ製41mm正立フォークを装着(非調整式)。一方でリアサスにはプリロード調整式のカヤバ製モノショックを採用。前後とも150mmの豊富なホイールトラベルを確保している点は同様で、ストリートからオフロードまで路面を問わない優れた走破性、グリップ性能を実現。スクランブラーらしい快適性とパフォーマンスを両立している。

なお、独特のブロックパターンを持つタイヤはリア側を160/60×17インチとし800cc版の180サイズに対して細めのサイズに最適化。軽快なハンドリングを実現。ブレーキにはシリーズ同様の2チャンネルABSが標準装備され、安全性を確保している。

他にも専用ロゴ・ステッカーや専用のパイプレイアウトを持つ新型エグゾーストシステム、丸型タイプのバックミラー、ハイマウントプレートホルダー等を装備。ちなみに車重は800cc版より3kg軽い183kg、シート高は同様の790mmと低く設定されている。なお、発売は2月から、価格は89万9000円(税込)となっている。

sixty2_02

「Sixty2」は400ccということで日本向けと思われがちだが、その実、欧州では税金や保険でも優遇されることで”若者向け”として人気の「A2」免許のカテゴリーとなるし、アジアでは急速に存在感を増している中産階級向けのハイエンドモデルとしての位置づけでもある。そして、世界的なカスタムブームとポスト・ヘリテージの流れの中で、ドゥカティが仕掛ける新たな戦略モデルとも言えるだろう。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ducati_sixty01-20160204ducati_sixty02-20160204ducati_sixty04-20160204

【関連ニュース】
◆ドゥカティ、ニューモデル発表会 『スクランブラー400』となるSixty2、Flat Track Pro、限定モデルItalia Independentを公開
◆ドゥカティ、免許取得費用をサポートする「ライセンスサポートキャンペーン」を開催

【フォトギャラリー】
◆【Ducati】「スクランブラーファミリー」ニューモデル国内発表会フォトギャラリー

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  2. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  3. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  4. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
ページ上部へ戻る