ハーレー・ダビッドソン、2016年モデルラインナップ IRON883やSシリーズなどを全32機種

20160203_hd

ハーレーダビッドソン ジャパンは、ライダーのライフスタイルに大きな影響を与えるDARK CUSTOMラインアップとして、大幅な進化を遂げたスポーツスターファミリー「IRON883(アイアン883)」、「FORTY-EIGHT(フォーティーエイト)」の2モデルを始め、スペシャルモデル”Sシリーズ”として「SOFTAIL SLIM S(ソフテイルスリムS)」、「FAT BOY S (ファットボーイS)」が加わった2016年モデル、そして排気量が大きくなったエンジンを搭載したSoftail、全32機種を、2015年9月9日(水)より全国の正規販売店で販売を開始している。

SPORTSTER ~機敏さとパワーで楽しむ変わらないアメリカンスタイル~

IRON883

アグレッシブに原点を見つめ直したスタイルは新次元に。このマシンは磨いて飾るのではなく、目の前のストリートを走り尽くすためにあるのです。
これは初期のDark Customの1つで、アグレッシブな雰囲気を持つ、洗練されたブラックアウトのシンプルなダークカスタムスタイルの草分け的存在でした。そこで問題は、これだけ良いものをさらに良くするにはどうすればよいのか、ということでした。
その答えがここにあります。まったく新しいサスペンション。新しいロールドレザーシート。信じられないほど素晴らしい、新しいパイプとホイール。引き締まったディテール。
これがまったく新しいIron 883です。Dark Customのアートの世界へようこそ。

希望小売価格
モノトーン ¥1,190,000(消費税込み)
ハードキャンディーカスタム¥1,212,000(消費税込み)

FORTY-EIGHT

デザインが一新された2016年のFORTY-EIGHTは、ファットなフロントエンドから新しいキャストアルミホイールまで、これまで以上にローダウンしたDark Customスタイルで登場。
このガスタンクが初めて登場したのは1948年でした。しかし人々はそれまで、これほど象徴的なタンクが使われているのをどこでも見たことがなかったのです。
そしてFORTY-EIGHTは生まれ変わりました。このモーターサイクルの素晴らしかった部分すべてがさらに強化されました。改良されたシート。改良されたサスペンション。新しい軽量アルミホイール。素晴らしいブレーキ。タンクには70年代をイメージしたグラフィックが描かれています。
Dark Customの鉄に刻まれた歴史の新たなページにようこそ。

希望小売価格
ビビッドブラック¥1,500,000(消費税込み)
モノトーン¥1,522,000(消費税込み)
ハードキャンディーカスタム¥1,544,000(消費税込み)

S SERIES

SOFTAIL SLIM S

ストリートでもっとも賞賛を受けるのはパワーです。もちろんソフテイルスリムSには、最強のクルーザー用エンジンが与えられています。
ソフテイルスリムの優れた部分はすべて活かし、そこに少しの魅力を追加しました。
手始めに、Screamin’ Eagle空冷Twin Cam 110Bのパワーを追加。そしてデニム塗装のオリーブゴールドペイントに徹底したブラックを合わせることで、究極のミリタリーテイストを完成させました。 他にも、ブラックのトリプルクランプとライザー、グロスブラックのヘッドランプリング、フォークスライダーカバーとロアフォーク。 そして、ブラックブレーキレバー、ミラー、スラッシュカットマフラー付きの二本出しブラックショットガンエキゾースト。
最新のパワーと旧車のテイストの融合が全身から感じられるモデルです。

希望小売価格
ビビッドブラック¥2,450,000(消費税込み)
モノトーン¥2,485,000(消費税込み)

FATBOY S

ファットボーイSの開発にあたり、私たちは街中の鼓動感をガレージに持ち帰りました。ワイルドなカスタムスタイルにパワフルなエンジンを搭載した最強のクルーザー。
ダークスタイルがより新しく、パワフルに。 新しいグロスブラックのScreamin’ Eagle空冷Twin Cam 110Bエンジン、グロスブラックロワーフォーク、アクスルナットカバー、ハンドルバーとライザー。
ブラックのブレーキレバーと油圧クラッチアッセンブリー。そしてスラッシュカットマフラー付きの二本出しブラックショットガンエキゾースト。
一言で言うならば、全身黒づくめのクールなスタイル。

希望小売価格
ビビッドブラック¥2,590,000(消費税込み)
モノトーン¥2,625,000(消費税込み)

SOFTAILシリーズ採用エンジン

2016年モデルからSOFTAIL全モデルに“103キュービックエンジン”を投入。さらに電子スロットルシステムの採用で、今まで以上にパフォーマンスが大きく向上しています。

160203_102

高出力の103キュービックエンジンをSOFTAIL
全モデルに採用。高出力, 高トルクを実現しました

160203_103

電子スロットルコントロールを2016年モデルSOFTAIL全モデルに採用。
※Heritage、Deluxeにはクルーズコントロールが標準装備 (その他モデルはアクセサリーにて装着可能)

CVOPro Street Breakout ~究極のファクトリーカスタムCustom Vehicle Operations(CVO)の更なる進化~

CVO Pro Street Breakout

モーターサイクル業界で初となるSmoke Satin Chrome(スモークサテンクローム)を採用したフィニッシュでディテールを極めた、他に類を見ないパフォーマンスのクルーザー
究極のファクトリーカスタムモデルCustom Vehicle Operations(CVO) は、「CVO Pro Street Breakout」のリミテッドエディションモデルの発表によってファクトリーカスタムスタイルブックを一新しました。きめ細かいデザインとディテールを重視し、最先端のフィニッシュとテクスチャを使用したダークな外観が特徴です。
ドラッグレーシングを強く意識した「CVO Pro Street Breakout」は、非常に優れたパフォーマンスと、アメリカの純粋なストリートマシンの象徴ともいえる重厚な長い車体を組み合わせました。
Harley-Davidson CVOモーターサイクルは、プレミアムコンポーネントと特殊な塗装、表面フィニッシュ、多数のHarley-Davidson Genuine Motor Accessoriesを結集したカスタマイズ製品です。

車両のスタイリングを担当したハーレーダビッドソンモーターカンパニーのスタイリングディレクター Brad Richards(ブラッド・リチャーズ)は、「CVO Pro Street BreakoutはCVOモーターサイクルの新たな次元を示すものです。 CVO Pro Street Breakoutはストリートで得たインスピレーションに、変化する嗜好を組み合わせています。
CVOをご愛用のお客様が期待されている深みのある繊細さと価値、自信を別な方法で実現しています。明るいクローム以外にも、ブラッシュ/酸化加工、クリアコートペイントなどのカラーオプションを提供予定です。Breakoutの大きな特長はこのような新しいスタイリングにあります。」と述べています。

LOW RIDER S

【関連ニュース】
【新車】ハーレー・ダビッドソン、スペシャルモデル”Sシリーズ”に新たに「LOW RIDER S」を追加し発売
【新車】ハーレー・ダビッドソン、カスタムモデル最高峰 新モデル「CVO Pro Street Breakout」を発売

情報提供元 [ Harley-Davidson Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る