BMWのマキシ・スクーター「C650」シリーズがアップグレードして新登場

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

P90196862-highRes

BMWモトラッドが手掛けるコミューター分野で「C」シリーズとして知られるマキシ・スクーターに新型が登場。「ニューBMW C 650 Sport」および「ニューBMW C 650 GT」として、3月11日より国内で発売開始となる。

スポーツ指向の「C 600 Sport」は名称が「C 650 Sport」に改められ、新しいデザインのフェアリングを採用しつつ外観を全面的にリファイン。エッジの効いたよりダイナミックなデザインに洗練された。一方、長距離ツーリングでの走行快適性やトランク等の収納力に主眼を置いて開発された「C 650 GT」は、車体後部のライトとフェアリングの形状を見直し、振動を低減する新設計のリアビュー・ミラーなどが採用された。

発進時のダイレクトなレスポンスと俊敏な加速性

P90196859-highRes

共通の改良点としては、危険な路面状況のときにエンジン出力を制御するASC(いわゆるトラクションコントロール)が新たに標準装備されたこと。また駆動系も進化し、スクーターでは一般的なCVT(無段階変速機)と遠心クラッチの組み合わせにも改良が施されたことで、発進時のダイレクトなレスポンスと俊敏な加速性能を得ている。

さらにサスペンションにもファインチューニングが加えられ、乗り心地や路面追従性が向上。マフラーも内部構造やデザインなどが見直され音質が改善。並列2気筒270度クランクならではの鼓動感溢れるスポーティなサウンドに磨きがかかった。センタースタンドも改良されて使い勝手が向上するなど、全般的に細かな改良が加えられている。

また、新型C650には独自のソナーによってバックミラーの死角をカバーし危険をライダーに知らせる安全装置「サイドビューアシスト」がオプション設定される(初年度国内導入はない模様)など、BMWの先進性をアピールする機構が盛り込まれている。

BMWの提示する“持続可能なパーソナルモビリティ”

P90197750-lowRes

BMWに「C」シリーズの初期型が導入されたのは2012年。それまで大型スポーツバイクに特化してきたBMWが初めてスクーター分野に進出して話題を呼んだことは記憶に新しい。その当時、マキシ・スクーター(いわゆるビッグスクーター)市場への参入の狙いについてBMWは、世界の交通環境の急速に変化に対応するものとしていた。都市への人口集中とこれに伴う慢性的な渋滞の発生や駐車スペースの不足、排出ガス増加、ガソリン価格の高騰など、今後さらに厳しさを増すであろうこれらの問題に対しての解決策がBMWの提示する“持続可能なパーソナルモビリティ”だった。

新型「C」シリーズがどこまで存在感を示せるか

P90196908-highRes
C 650 Sport
P90196928-highRes
C 650 GT

P90196830-highResP90196842-highResP90196845-highResP90196850-highRes

その先陣を切るかたちで登場したのが「C 600 Sport」および「C 650 GT」であり、今後はスクーターの枠にとどまらない新たな「Urban Mobility(アーバン・モビリティ)」のジャンルとして確立していく計画を世界に向けてアナウンスした。それが4年前であるが、モーターサイクルを取り巻く交通環境そのものは当時と大きく変わっていないように見える。もちろん、電動スクーターや燃料電池で動くバイクの研究開発も日進月歩ではあるが、これら次世代のコミューターが主流となるまでにはまだ時間がかかるだろう。ちなみにBMWでは初の電動スクーター「C evolution」を、次期マキシ・スクーター戦略の中核として2017年以降に市販化を計画しているらしい。

P90099790_highRes_bmw-c-evolution-stan

「C」シリーズはマキシ・スクーター分野において初のプレミアム・モデルとして鳴り物入りで登場したが、市場の反応を見る限り日本ではそのコンセプトが十分浸透したとは言い難い。新型「C」シリーズがどこまで存在感を示せるか注目したい。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
【新車】BMW、外観デザインを大幅に刷新したマキシ・スクーター「C 650 Sport」、「C 650 GT」を発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る