筑波サーキット、「2016筑波ロードレース選手権シリーズ Bulletin」を開催

160127_128

筑波サーキットは、HRCよりリリースされた「HRC NSF250R Challemge」の開催発表を受け、筑波サーキットにおいても、筑波ロードレース選手権シリーズ、J-GP3(N/F/J)クラス内で同クラスを開催することを発表した。

HRC NSF250R Challenge

160127_126

HRC NSF250R Challengeは、Honda NSF250Rを使用し、各地方選手権のJ-GP3クラスの中で開催されるワンメイクレースです。参戦マシンのレギュレーションをスタンダードに限定する事で参戦コストを抑え、本格的市販レーサークラスでありながら参戦しやすいクラス設定となっています。また、CBR250R Dream Cup同様、各サーキットのチャレンジクラスランキング上位者が日本一を争うグランドチャンピオンシップを鈴鹿サーキットで計画しています。(詳細は別途ご案内)このグランドチャンピオンシップで優秀な成績(優勝及び相当する成績)を収めた参加者に対し、SAATC(シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ)出場に関してHRCからの推薦が受けられます。

■開催レースの名称について
正式名称「HRC NSF250R Challenge」
チャンピオン大会「HRC NSF250R Challengeグランドチャンピオンシップ」

■参加資格
・ジュニアライセンス:12~16歳未満(16歳になった場合、フレッシュマンライセンスに移行される)
・フレッシュマンライセンス:16歳以上
・国内ライセンス

■HRC NSF250R Challengeのレギュレーションについて
車両の基本レギュレーションはHRC出荷時状態のスタンダード車両
*詳細は別途レギュレーションをご確認願います。

■全国大会「HRC NSF250R Challengeグランドチャンピオンシップ」へのライダー選出方法
「HRC NSF250R Challengeグランドチャンピオンシップ」は、各地のサーキットでシリーズ戦を争い、 上位ランキング者に鈴鹿サーキットで開催される当大会への出場権が与えられます。また、「HRC NSF250R Challengeグランドチャンピオンシップ」は、15歳から20歳までのライダーに対して翌年の「アジア・タレント・カップ」推薦候補の選考を兼ねる重要な大会でもあります。

1. 2015年度の開催レースに同一サーキットで3レース以上参戦とします。
2. 各サーキットの対象ポイント獲得決定は、11月1日(日)開催レース終了をもって行います。
3. 代表選考は、各サーキットのシリーズ戦終了と同時に決定となります。
 この決定を辞退することはできますが、保留にすることはできません。
4. 上位ライダーの中で参戦権辞退の申し出があった場合に限り、各主催者参加枠数まで繰り上げを認めます。但し、シリーズ戦終了5日後まで変更を認めます。
5. HRC NSF250R Challengeグランドチャンピオンシップの決勝走行台数は45台とします。
6. 出場者が多い場合は、予選によって決勝競技出場者を決定します。
7. ライセンスについて
 ・HRC NSF250R ChallengeグランドチャンピオンシップはMFJ承認競技会のためMFJライセンスが必要です。
 ・ジュニアライセンス:12~16歳未満(16歳になった場合、フレッシュマンライセンスに移行される)
 ・フレッシュマンライセンス:16歳以上
 ・国内ライセンス
8. 施設別参加枠決定基準は、2015年6月までの参加台数より参加枠数を決定します。

2016筑波ロードレース選手権シリーズ特別規則書

160127_127

>>申込用紙はこちら

→全文を読む

情報提供元 [ 筑波サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る