【新車】ヤマハ、新色を設定した「SR400」2016年モデルを発売

ym03-20160126

ヤマハ発動機は、1978年発売のロングセラーモデル、空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ・単気筒エンジン搭載「SR400」の新色を2016年2月10日より発売する。
価格は550,800円(税込み)となっている。

レトロな雰囲気の中にもモダンさを伝えるニューカラー「SR400」新色を発売

新色は≪ビンテージ・アクティブ・カジュアル≫をコンセプトとした「ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1」(リーフグリーン)で、誕生年“1978”を織り込んだ400のロゴをあしらったタンクグラフィックを採用しています。「ヤマハブラック」(ブラック)は継続販売します。

名称 「SR400」
カラーリング ・ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1(新色/リーフグリーン)
・ヤマハブラック(ブラック)
発売日 2016年2月10日
販売計画 1,500台(年間、国内)
メーカー希望小売価格 550,800円(本体価格510,000円、消費税40,800円)

2016 SR400 ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1

03_SR400_DNLGM1_3

03_SR400_DNLGM1_304_SR400_DNLGM1_401_SR400_DNLGM1_102_SR400_DNLGM1_2

2016 SR400 ヤマハブラック(ブラック)

07_SR400_YB_3

07_SR400_YB_308_SR400_YB_405_SR400_YB_106_SR400_YB_2

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  2. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  3. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
  4. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
ページ上部へ戻る