ダカール・ラリー15連覇 KTMの強さの理由とは!?

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160125_01

KTMジャパン野口社長へのインタビュー

南米・アルゼンチンの荒涼たる大地を舞台に、計16日間、9346kmの行程で争われた第36回ダカール・ラリー2016。復帰から4年目の今年こそ結果を出さないと後がない、バイク界の巨人ホンダも必勝態勢で臨んだが、終わってみればKTMの15連覇という例年どおりの結果が残った。世界一過酷と言われるラリーで、どうしてKTMは勝ち続けることができるのか。その理由を、自ら現地に赴いたKTMジャパンの野口社長に聞いた。

ラリーそのものを商売とするKTMの強さ

「今年のダカール・ラリーは前評判どおり、スタートからKTMとホンダの一騎打ちの様相になっていました。ホンダのマシンはたしかに速いんですよ、特にエンジンは凄い。何十億円を投入して開発しただけあってハードウェア的には優れている。でも反面、テクノロジーの力ですべて解決しようとする姿勢が見て取れる。MotoGPなどと同じアプローチですよね。でも、それだけでは勝てないのがダカール・ラリーです。

一方、KTMはラリーそのものが商売になっています。つまり、市販モデルである「KTM450ラリー」を一般のラリーストに買っていただき、それを元手にラリーに参戦している。製品を販売して利益を上げるというごく当たり前の企業活動ですが、ラリーにおいてもそれがビジネスとして成立しているわけです。

ただ簡単ではありませんよ。製品として売っているのだから壊れてはいけない。実験的なプロトタイプではないわけで、逆に言うと、KTMのファクトリーマシンは市販モデルとほとんど変わらないんですよ。現に今回総合2位に入ったステファン・ソヴィツコのマシンは市販モデルですし、今回KTMジャパンから唯一の日本人ライダーとして臨んだ、三橋淳のマシンも昨年型の市販モデルです。”READY TO RACE”というスローガンにも、KTMとしてのこうした企業姿勢が投影されています。

160125_03

ダカール・ラリーだけ(といっても十分に過酷ですが)完走できればいいとは考えていません。世界ラリー選手権などワンシーズンで5から6戦はある中で、致命的なトラブルなしで走り通せるマシンを提供することが我々の使命と思っています。サバイバル性能とでも言いましょうか。ラリーでは何かトラブルがあっても、基本的にユーザーレベルで修理できるものでなくてはなりません。だから、特殊なパーツは使っていない。市販モデルのパーツをそのまま交換して使えるので、戦列への復帰も早い。

KTMファクトリーチームというと、凄い体制でやっていると思われがちですが、実際は「えっ、これだけ!」という程度。今回も3名のライダーに3名のメカニックとWPのエンジニアが1人ぐらいとか、現場ではそんなものです。そして、皆レースを楽しんでいますよね。もちろんレースですから真剣ですが、そこに楽しむことを忘れない。いつもチーム内は楽観的なムードに溢れていますね。そんな余裕も勝利につながった要因かもしれません。」

160125_02

KTMの”モノ作りの哲学”

KTMジャパンの野口社長へのインタビューを通じて見えてきた、KTMの強さの秘訣とは、すなわち「壊れない性能」と「リカバリーしやすさ」、そして「楽観主義」だった。そこには前提として、ラリーを単なる企業PRの手段とするのではなく、それ自体を元が取れる「ビジネス」として位置づけていることがポイントであるように思われる。つまりユーザー視点でのモノ作りである。その哲学こそが、KTMの強さなのだと実感した。

聞き手/Webikeニュース編集長 ケニー佐川
取材協力/KTMジャパン

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る