[HONDA]Rally 2016レビュー Team HRC、DAKAR RALLY 2017年への課題

160118_19

■Dakar Rally 2016 レビュー ロサリオ

Team HRCは、2016年のダカールラリーを終え、次なるラリーを見据えつつ、帰国の準備をしています。今回のラリーで得たデータを解析し、2017年のラリーで優勝を達成するためのプロジェクトを始動させる準備に入りました。

Team HRCにとってダカールラリー復帰4年目の挑戦が終わりました。今回の15日間に及ぶダカールラリーでは、有望に思えた最初の週に対し、2週目は順調とは言えませんでした。しかしこれは、勝利へと向かう意思をさらに強くさせるものとなりました。

2016年1月2日に始まったダカールラリーは、チームにとってさまざまな面でタフでした。前半戦の山場、ステージ4、5、6で総合トップをキープしていたTeam HRCでしたが、不運にも1月10日に設定されたレストデイを前にメインライダーのホアン・バレダをトラブルで失うことになりました。そのような状況でも、今回初めてダカールラリーに参戦したライダーのリッキー・ブラベックは、ステージ9で2番手タイムを出すなど、力強い走りをみせ、総合9位へとファクトリーマシン「CRF450 RALLY」を導いてくれました。

また、パオロ・セッシはサポートライダーとして大切な役割を果たし、バレダやパウロ・ゴンサルヴェスに起きたトラブルをバックアップしてチームに貢献しました。ゴンサルヴェスはステージ4で勝利し、バレダもプロローグでのトップタイム、また速度違反ペナルティの加算がなければ、さらに2つのステージで最速タイムを記録しています。

今回のラリーで特筆すべきはHonda South America Rally Teamの活躍です。Team HRCへの大きな協力はもちろん、ステージ3でのケビン・ベナバイズのステージ優勝をはじめ、今大会を通して常に上位争いを続けてきました。

アルゼンチン人ライダーであるベナバイズが残した総合4位というポジションは大いに注目されるはずです。彼の今後のキャリアでも、大きなマイルストーンになったに違いありません。Honda Brasilのアドリアン・メッジも初出場ながら総合11位で、この難しいラリーを終えています。ジェアン・アゼベド、ハビエル・ピゾリトは、ステージ中の転倒が原因でリタイアをしていますが、南米チームの活躍はダカールラリー2016での大きな話題となった一つとなりました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ナイトロンジャパンは、オリジナルデザインを最新の125ccで復活させた”HONDA Mo…
  2. 1978年のニューモデルとして登場し、2017年にいったん生産終了となった4ストローク・…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット Hondaは、現地時間11月6日(火)にイタリア・…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 総勢38名のライダーやドライバー、チーム監督が集合 …
ページ上部へ戻る