[HONDA]Rally STAGE13 2週間の長丁場、ダカールラリーが終了。Honda勢トップは総合4位のケビン・ベナバイズ

160118_18

■Dakar Rally 2016 ステージ13 ビージャ・カルロス・パス ~ ロサリオ
■リエゾン(移動区間):518km スペシャルステージ(競技区間):180km 総移動距離:698km

1月2日、アルゼンチンの美しい都市、ブエノスアイレスをスタートした第38回ダカールラリーは、現地時間1月16日にアルゼンチンの都市ロサリオでフィニッシュを迎えました。総走行距離9500kmの道のりに挑んだ136名のライダーのうち、84名が厳しいルートを乗り越えて完走。Team HRCのリッキー・ブラベック、パオロ・セッシ、Honda South America Rally Teamのケビン・ベナバイズ、アドリアン・メッジも2週間を戦い抜き、チームと共に完走を祝いました。

最終日、ビージャ・カルロス・パス~ロサリオ間で行われたステージ13は、698kmを移動するものでした。そのうち、180kmのスペシャルステージ(競技区間)は、例年どおり下位からスタートするリバースグリッド方式となりました。ラリーを戦い抜いたビクトリーランという趣向でもあり、沿道のファンに挨拶をしながら走る参加者も多く、お祭りムードとなりました。

しかし、前日のステージ12の結果、総合4位のベナバイズは、総合5位のヤマハのエルダー・ロドリゲス(ポルトガル)とタイム差わずか1秒で最終日を迎えていました。

全84台がスタートをしたこのステージで、ロドリゲスが80番手、ベナバイズは81番手からスタート。この日、上位5名にはスタート間隔として3分間が与えられるものの、すでに80台の前走者がスタートした後の難しい状況の中、2人は見応えあるバトルを繰り広げました。

地元でも才能を高く評価されているダカールのフレッシュマン、ベナバイズと、ダカール経験豊富なロドリゲス。ステージの途中にあるウエイポイント1(※ルート上にある通過点。GPSで管理される)の段階で、ベナバイズが38分56秒、ロドリゲスが38分58秒と、2秒差でベナバイズが先行しました。続くウエイポイント2ではロドリゲスが1時間14分49秒に対しベナバイズは1時間14分52秒で、今度はロドリゲスが3秒のリードという一歩も譲らない激しい展開となりました。後半、ハイペースを維持し続けたベナバイズは、この180kmのステージでライバルに56秒の差を付け、総合4位を確定させたのです。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る