日本二輪車普及安全協会、二輪車通行規制区間に対する要望を警察庁・管轄警察本部へ情報提供

20151228_001

一般社団法人日本ニ輪車普及安全協会は、二輪車通行規制区間に対する要望を警察庁・管轄警察本部へ情報提供することを発表した。

協会は、ニ輪車が安全で快適に走行できる環境を目指して、全国で700箇所を超える”ニ輪車に限って通行が規制されている道路区間”を「ニ輪車通行規制区間情報」として県別に「路線名」「所在地」「対象車両」「規制時間」をWebサイトにて紹介している。

Webサイトでは昨年までテキストのみで表示していた「ニ輪車通行規制区間」をマップや写真等で視認化するとともに、スマートフォンでも閲覧を可能とし2015年3月に全面リニューアルを完成。 また、閲覧者からは、それぞれの規制区間に対する意見や要望を送信できる機能を備え、リニューアル以降アクセスも増加し沢山の意見・要望が集まっていた。

今回、リニューアル開始から2015年9月末までに寄せられた要望(649件)をとりまとめ、2015年12月から2016年1月にかけ、警察庁や管轄警察本部へ情報提供することとなった。

以下公式サイトより

規制理由の多くは、無謀運転による事故や騒音への苦情など、一部のライダーに原因があるものが多いようですが、なかには古くからの規制の為、現在の交通実態からかけ離れている規制内容もあると思われます。当協会としましては、今後もライダーを始めとした皆様の生の声を警察や行政にお届け致したく存じますので、これからもご意見・ご要望をお寄せ頂きたくお願い申し上げます。

■ニ輪車通行規制区間情報Webサイト
URL : http://www.jmpsa.or.jp/society/roadinfo/

■一般社団法人日本ニ輪車普及安全協会Webサイト
URL : http://www.jmpsa.or.jp/

151228_41

151228_39

151228_40

→全文を読む

情報提供元 [ 一般社団法人日本二輪車普及安全協会 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
  4. SHOEIは、「J・O NOSTALGIA(ノスタルジア)」を2019年3月に発売する。 …
ページ上部へ戻る