【新車】HRC、市販トライアルマシン「RTL300R」を2016年2月下旬に発売

151228_12

ホンダ・レーシングは、2008年から販売してきたRTL260Fの排気量を288ccにアップさせた「RTL300R」を2016年2月下旬から全国のHRCサービスショップで発売する。

今回のモデルは新たなRTLの販売を望む声に応えたもので、9月に「モンテッサ ホンダS.A.」から発売した「Cota300RR」で使用のエンジンを「RTL260F」の車体に搭載させたモデルとなる。

288ccのエンジンを採用することで、よりトルクフルでパワフルな出力特性を実現しており、スタイリングはFIMトライアル世界選手権シリーズを戦うRepsol Honda Teamのワークスマシンをイメージ。カラーリングは市販レースモデルとしてホワイトが基調とされている。

RTL300R

151228_12
(※写真はプロトタイプ)

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
1,193,400円 (消費税抜き本体価格 1,105,000円)

■発売予定日
2016年2月下旬を予定

■販売店
全国のHRCサービスショップ

主要諸元

通称名 RTL300R
全長×全幅×全高 (m) 2.010×0.830×1.130
軸距 (m) 1.320
最低地上高 (m) 0.335
シート高 (m) 0.650
キャスター角 23°00´
車両乾燥重量 (kg) 72.9
燃料タンク容量 (L) 1.9
エンジン型式 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 (cm3) 288
内径×行程 (mm) 80.0×57.2
最高出力 (kW〔PS〕/rpm) 16.3〔22.2〕/7,000
最大トルク (N・m〔kg・m〕/rpm) 26.4〔2.69〕/4,000
圧縮比 10.5:1
変速機形式 常時噛合式
変速比 1速 2.800(42/15T)
2速 2.385(31/13T)
3速 2.000(30/15T)
4速 1.273(28/22T)
5速 0.815(22/27T)
減速比(1次/2次) 3.167(57/18T)/4.100(41/10T)
ギヤシフトパターン 1-N-2-3-4-5(1ダウン4アップ)
燃料供給形式 PGM-FI φ28
点火形式 フルトランジスタ
クラッチ形式 油圧、湿式多板
潤滑方式 圧送式、ウェットサンプ
タイヤサイズ DUNLOP D803F 2.75-21 M/C 45M
DUNLOP D803 4.00 R18 M/C 64M(チューブレスタイプ)
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク φ183.5
油圧式シングルディスク φ150
懸架方式 テレスコピック式
プロリンク
フレーム形式 アルミツインチューブ

→全文を読む

情報提供元 [ HRC ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ツインリンクもてぎは、10月19日(金)~21日(日)に開催する「2018 FIM Moto…
  2. 梅雨なんか怖くない! 今回は雨でも走り続けるライダーに、防水バッグとスマホケースをご紹介し…
  3. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気ブランド「アルパインスターズ」の「SP X …
  4. ドゥカティは、スペインGPが行われたヘレス・デ・ラ・フロンテーラで開催されたMSMA(モータ…
ページ上部へ戻る