ヤマハ発動機のデザインコンセプトカー「スポーツライド コンセプト」が日本カーデザイン大賞を受賞

151228_09

バイクの爽快感を4輪車に落とし込む手法を評価

ヤマハ発動機が第44回東京モーターショーに出展した、”二輪車に近い世界観”を持つデザインコンセプトカー「スポーツライド コンセプト」が、「日本カーデザイン大賞2015-2016」で大賞にあたるゴールデンマーカートロフィーを受賞した。

以下公式サイトより

ヤマハ発動機株式会社が第44回東京モーターショーに出展したデザインコンセプトカー「スポーツライド コンセプト」が、自動車デザイン専門誌「CAR STYLING」の「日本カーデザイン大賞2015-2016」のコンセプトカー部門で大賞にあたる「ゴールデンマーカートロフィーを受賞しました。

「日本カーデザイン大賞」は、毎年「CAR STYLING」が主催する自動車デザインのナンバーワンを決めるデザイン賞で、なかでも「ゴールデンマーカートロフィー」は、量産車、コンセプトカーそれぞれの部門の大賞に与えられるものです。

「スポーツライド コンセプト」は、大人が日常的に楽しめる正統派のスポーツカープロポーションに、多様なモビリティを展開するヤマハらしい発想による「LIVE & RIDE感」を盛り込んだデザインコンセプトモデルです。

第43回東京モーターショーに出展した「MOTIV(モティフ)」と同様に、ゴードンマーレー社が提唱する軽量かつ高剛性な車両構造「iStream(アイストリーム)」コンセプトを採用し、ドライバーとマシンの関係を二輪車に近い世界観で表現した2シータースポーツカーです。

高品位なディテールにこだわり、エレメンタリズムの発想からデザインしたスポーツカーの提案モデルは、第44回東京モーターショー会期中たくさんの来場者にご覧頂き、話題となりました。

[受賞理由](CAR STYLING誌より)
自動車というものが、あまり面白いとはいえないものになっている今日に、市場に刺激を与える存在となりました。また、その楽しさを単にクルマとして捉えるのではなく、バイクの爽快感を4輪車に落とし込むという手法を取った点も、非常に興味深いポイントとなりました。また、ヤマハブランドとして、楽器やオーディオといった製品のテイストを随所に活かして来た点は、これまでになかった商品展開として大いに期待が持たれます。

「スポーツライド コンセプト」の詳細情報
http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/event/2015tokyomotorshow/sp/exhibitionmodels/sportsride/

【関連ニュース】
◆ヤマハデザインコンセプトカー「スポーツライド コンセプト」がヤマハコミュニケーションプラザでお披露目開始!

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  2. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  3. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
  4. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
ページ上部へ戻る