「RC213V-S」初のオーナー誕生!Honda、イギリスで納車を開始

151225_29

初のオーナーはマンチェスター二輪販売店社長

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間の12月21日(月)に、世界で初めて「RC213V-S」を納車したことを発表。公道走行可能なHondaの二輪車の中で最もMotoGPマシンに近い「RC213V-S」初のオーナーが誕生したことになる。

以下プレスリリースより

Hondaは現地時間の12月21日(月)に、世界で初めて「RC213V-S」をイギリスにあるホンダモーターヨーロッパのレース活動拠点にてお客様に納車しました。イギリスで販売するRC213V-Sは、すべて同拠点にて専属のテクニカルスタッフにより納車・サービスが行われます。

これまでの公道走行可能なHondaの二輪車の中で最もMotoGPマシンに近いRC213V-Sの初のオーナーになったのは、イギリス・マンチェスター市にあるHondaの二輪販売店オーナー社長ジョン・ブラウン氏です。今回購入されたRC213V-Sは、「VFR750R(RC30)」「VTR1000SP-1」「VTR1000SP-2」「CBR900RR Fireblade」「VF1000F」などを含む同氏のコレクションに追加されます。

■ジョン・ブラウン氏のコメント
「初めてこのプロジェクトを知った時、私は絶対RC213V-Sを買わなければいけないと決めました。HRCのレース活動の歴史の一部が手に入るなんて、これ以上のチャンスはありません。申込受付が開始されたと同時にWebサイトで登録し、オーダーが受理された通知を受けた時は、本当に特別な日となりました。私は17歳の時に家族が経営する販売店に入社して以来、ずっとHondaディーラーとして活動してきました。イギリスでは長年トップ3に入り続けています。今回のマシンは、私のバイクコレクションの素晴らしい一つとなります。私の夢を叶えてくれたHondaに感謝します」

■鈴木哲夫 本田技研工業株式会社 執行役員のコメント
「ジョン氏のように特にHonda製品に情熱を持っている方へ、世界で最初にRC213V-Sをお届けすることができて、本当にうれしく思っています。開発では、RC213V-SをMotoGPマシンに限りなく近づけるように努力を続けてきましたので、お客様がワークスマシンの「RC213V」に乗っているようなライディングエクスペリエンスを味わっていただけると思います。ぜひコレクションにしたいという要望や、早く乗りたいというご意見など、市場からは大変大きな反響をいただいています」

 

RC213V-Sについて

RC213V-Sは3年に渡って開発されました。一般ユーザーが所有し運転できる二輪車の中では、MotoGPマシンに最も近い存在です。HondaのMotoGPマシンであるRC213Vはマルク・マルケス選手のライディングによって、2013年、2014年と2年連続でFIMロードレース世界選手権(MotoGP)を制覇したマシンです。

RC213V-Sは、ヨーロッパでは188,000ユーロ(税込み)で販売が開始されました。生産は、Hondaの熊本製作所で一台一台手作業によって行われており、順次納車が予定されています。

【関連ニュース】
◆Honda、RC213V-SのPress Testや開発者インタビューの動画を公開

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行…
  2. 新モデル「FTR1200」の生産開始を発表 インディアンモーターサイクルは、フラット・トラ…
  3. ▲昨年のJSB1000クラス レースシーン 「Enjoy Honda 2018ツインリンクもて…
  4. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
ページ上部へ戻る