ナビタイム、iOS向けドライブサポーターに道路交通情報・交通規則注意地点の発話案内機能などを追加

ナビタイムジャパンは、2015年12月24日(木)よりiOS向けカーナビアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』にて安全運転支援機能として、「道路交通情報」や「交通規則注意地点」を発話案内する機能などを追加した。

安全運転支援機能は、年末年始など通常よりも交通量の多い場合の安全運転に、特に役立つ機能。追加された機能は以下の4点。

 

1.「道路交通情報」のPUSH配信

ユーザーが事前に登録した道路に規制情報がある場合、道路名や場所(◯◯IC付近など)、その長さや時間(規制の開始/終了時間)といった詳細内容、原因を知らせる機能。規制情報が発生した場合だけでなく、情報の更新や解除の場合も通知される。

 

2.「道路交通情報」の発話案内

走行中のルート上に渋滞や規制がある場合、音声発話で案内する機能。

例)
「およそ500m先、約5km渋滞しています」
「およそ1km先、事故のため、約200m片側交互通行です。」

 

3.「事故多発地点」の発話案内

ルート上の事故多発地点に接近した際に、音声発話で案内する機能。

例)
「追突事故多発地点です。」
「右折時の事故多発地点です。」

 

4.「交通規則注意地点」の発話案内

これまでは「交通取締情報」として、全国の自動速度違反取締装置の設置箇所のアイコン表示と音声案内が行なわれていたが、今回の対応では新たに、走行中に「交通規則注意地点」がある場合、音声にて注意喚起を行う機能を拡充する。

例)
「安全運転を心がけてください」

なお、道路交通情報PUSH配信および、道路交通情報発話案内のご利用には、プレミアムコース会員登録(有料)が必要となる。
Android OS向け『NAVITIMEドライブサポーター』においても、順次対応予定。

 

サービスイメージ

 

利用方法

「App Store」よりダウンロード。
https://itunes.apple.com/jp/app/id413487517?mt=8

■ダウンロード
無料

■プレミアムコース
「iTunes Store決済」
月額コース :400円(税込)
180日チケット:1,900円(税込)
365日チケット:3,500円(税込)

その他決済
※月額:300円(税抜)

→全文を読む

情報提供元 [ ナビタイムジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ダイネーゼジャパンは、全国のDainese Store(札幌店・名古屋店・大阪店を除く)で、…
  2. やっぱり2018年モデルはよくできてます! スーパーカブといえば、長きに渡って様々なユーザ…
  3. NEXCO中日本は、7月1日(日)から11月30日(金)までの期間、三重県内の高速道路が定額…
  4. 2017年モデルで懐かしの並列2気筒アメリカンのレブル(250)が、500&250の2バリエ…
ページ上部へ戻る