群馬県、県内高校生への2輪車の講習を含む「交通安全アクション・プログラム」策定を発表

20151214_gunnma1

群馬県は、12月22日に「群馬県交通安全教育アクション・プログラム」の策定を発表した。

具体的な数値目標を掲げた交通安全教育へ

今後2020年までの6年間で、小・中・高校生に対する交通安全教育を実施し、全国でもワースト水準の交通事故水準を減らしていく取り組みを実施する。

特に自転車に関する交通安全指導を行い、中学生・高校生については交通事故防止の具体的な数値目標を掲げて、平成26年を基準年とし平成32年中の事故発生件数を20%、高校生については30%削減を目標としている。

「三ない運動」から更に進んだ二輪車への安全教育を

また、高校生においては二輪車マナーアップ講習会の実施を含んでおり、二輪車免許取得者を対象に、「二輪車の安全な乗車に必要な技能の取得等」を目的とした講習会を開催することとしている。

これは全国で実施されていた「三ない運動(免許を取らせない、乗せない、買わせない)」に替わる新しい取り組みと考えられる。
三ない運動によって交通教育やバイクから遠ざかる中で、卒業後には必要に迫られて運転をしなくてはいけない矛盾点に対して、その年代に応じての交通教育の実施へと舵を切る内容と言える。

本計画の目的の中では「交通安全教育の実施により、交通ルールの遵守と正しい交通マナーを実践し、生涯を通じて車社会で生きていく力を養い、悲惨な交通事故を限りなくゼロに近づけることを目的とします。」という一文があり、車社会である群馬県として、現実と教育とのギャップを埋めていく大きな一歩を踏み出す計画になる。

>>群馬県報道発表 【12月22日】「群馬県交通安全教育アクション・プログラム」の策定について(交通政策課)

情報提供元 [ 群馬県 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る