オートレースに未来はあるか、現状に見た光と影

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

151218_11

プロレス的面白さの2輪版異種格闘技

去る12月13日(日)、埼玉県・川口オートレース場にて、ロードレース出身のオートレーサーと現役全日本ロードレーサーが一堂に会して戦うエキシビションレース「オーバルスーパーバトル IN 川口2015」が開催された。オーバルコースに長けたオートレーサーが勝つか、それとも現役ロードレーサーに軍配が上がるか、オーバルコースを舞台とした史上初の異種2輪混合競技イベントとして話題を呼んだ。

オートレースからはロード出身の青木治親、青山周平選手ら全5名。全日本ロードレースからは青木ノブアツ、山口辰也、酒井大作ら全9名と世界GPや全日本選手権で活躍した元チャンピオンクラスが集うなど顔ぶれも超豪華。
さらにチュートリアルの福田充徳さんの特別参戦や、スーパーカートによるエキシビションレースも同時開催されるなど大いに盛り上がった。まさにプロレス的な面白さの2輪版異種格闘技とも言える、大胆かつエキセントリックな試みは評価されるべきだろう。

151218_12

忍び寄る存続の危機

一方で、オートレースなどの公営競技は最近のファン離れから売上が年々減少していると言われ、存続が危ぶまれているのも事実。そして、同じく先週末、オートレース発祥の地といわれる船橋オートレース場がついに廃止されることが決定した。

昨年度の売り上げはピーク時の86%減となる103億円に落ち込み、さらに開場から45年以上が経過し施設も老朽化、走路やスタンドの改修、券売機のコンピューターシステムの更新などで費用は約15億円かかるなど自治体財政を圧迫。
船橋オートレースを施行する千葉県と船橋市は「税金を投入せずに事業を続けることは困難」と判断した。存続に向けた選手会の必死の活動も実を結ぶことはなく、来年3月をもって船橋オートレースは長い歴史にピリオドを打つこととなった。

公営競技としてのプロスポーツ

現在、日本で開催されている公営競技はオートレースの他、競馬、競輪、競艇の4つで、いずれも国や地方公共団体などの公の機関がギャンブルとして開催するプロスポーツとして発展し、財政にも貢献してきた。オートレースもかつてはスター選手を擁して多くのファンを集めたが、近年は観客動員数も減り、場内も閑古鳥が鳴く寂しい情景になっている。

公営競技は日本固有のプロスポーツであるが、時代の流れの中で国民のギャンブルに対する意識や娯楽スタイルの変化に伴って、現代の人々の嗜好にそぐわない面も出てきているのではないだろうか。

夢のあるアイデアを

大胆でスピード感のある変革が求められる中、その意味で今回の川口オートレースでのイベント、「オーバルスーパーバトル IN 川口2015」は非常に価値のあるチャレンジングな試みだったと思う。

船橋オートでも自転車愛好家にコースを提供したりしていたし、アイデア次第では多彩なコンテンツが考えられる。たとえば、MotoGPマシンとWSBKマシンとの一騎打ちや、4輪でもサーキット最速のF1対オーバル最速のNASCARの対決なども見てみたい。オーバルコースならではの観客が近くでレースを一望できるメリットもあるはずだ。伝統あるプロスポーツを未来に残すためにも、皆で知恵を絞って夢のある企画を実現できたらと思う。

【画像提供元】モーターマガジン社:WEBオートバイ

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る