2015年に一番注目を集めた「バイク用品」と「車種」はコレだ! Webikeアワード2015 を発表!

20151218_wawa

バイク用品店Webikeで、この2015年に一番注目を集めたバイク用品と車種を選出する「Webikeアワード2015」が発表された。
2015年に大注目だった商品を全ジャンル総合と9つのカテゴリ別に紹介。また、注目を集めた車種は4メーカー毎に選出している。

バイク用品で一番注目を集めた商品は!?

151216_149_11

■今年も2014年に引き続き、「DAYTONA スマートフォンホルダー」が連覇を達成!やはりスマホが更に身近になり、ナビやGPSロガーといった機能も揃ってきたことが反映されていますね!

また、2位にランクインした「TANAX motofizz シートバッグ」も2014年と同じ2位を獲得!手頃な大きさと、コストパフォーマンス、バイクツーリング用として徹底して作りこまれた機能が、支持を集めている商品です。

3位には2014年4月に発売が開始された「SHOEI Z7」。軽量なかぶり心地と空力性能などの口コミが広がり、じわじわと注目を集めてきた商品です。調光シールドの「CWR-1 フォトクロミック」もZ7に適合して、2015年の12月中旬に発売開始となるなど、更に魅力的なヘルメットとなるはずですね。
その他の総合ランキングの続きや、詳細ランキング、車種別ランキングは是非特集ページをご覧ください!

■バナーリンク
1214421-002

バイク用品カテゴリ別ランキング(抜粋)

バイク用品をカテゴリ別にご紹介。Webikeアワードでは、商品のアクセス数や販売実績、レビュー件数などを独自のポイントで評価し、その年に注目を集めた商品を選定している。
ランキングは10位まで発表されているが、ここでは主に3位までをご紹介したい。

ヘルメット ランキング

20151218_awa011
オンロードヘルメット
20151218_awa021
ジェットヘルメット
20151218_awa031
オフロードヘルメット

■オンロードヘルメットは「Z7」が1、2位を獲得し、2位にはマルケスのグラフィックモデルと活躍と合わせて注目度もアップ。3位には「Arai アストロIQ」がランクイン。
ジェットヘルメットでは「OGK AVAND-2」が2メーカーを抑えて1位と3位を獲得!2位には「Arai CLASSIC-SW」が割って入る形でランクイン。
オフロードヘルメットではスクリーン付きのアドベンチャー向けヘルメットが上位にランクインし、「Arai TOUR CROSS 3」が1位と2位に輝いている。

バイクウェア ランキング

20151218_awa04
バイクウェア
151216_142
ボトムズ
20151218_awa06
グローブ

■バイクウェアでは、「RSタイチ クルーメッシュジャケット」が1位。シンプルなデザインとコストパフォーマンスが注目を集めた。

ボトムズは「EDWIN 503 ZYRON RIDER JEANS」が1位に輝き、こちらも2014年からの連覇を達成。一流ジーンズメーカーがリリースするライダー向け商品に大きな注目が集まっていることを示している。

グローブでは「KOMINEのGK-131 プロテクトメッシュグローブ-ブロッカ」のブラック/シルバーカラーが2014年に続き連覇。コストパフォーマンス抜群でありながら、プロテクト性能を有するなど、多くのライダーに選ばれている。2位には「ROUGH&ROAD:ラフ&ロード プロテクションツアラーウインターグローブ」が入っている。いずれも上位には「コスパ良」+「プロテクト有」の商品がランクインとしていることが分かる。

フットウェア ランキング

151216_144
オンロードブーツ
151216_149
オフロードブーツ
20151218_awa07
ライディングシューズ

■フットウェア部門、オンロード向けブーツでは「gaerne タフギア」が連覇だが、今年はブラウンのカラーが1位となった。ライディングシューズに見えない、おしゃれな配色の製品も増えており、今後もこのトレンドは続きそうだ。

オフロードブーツとしてはこちらも「gaerne G-MIDLAND」が連覇!防水・透湿フィルム内臓のツーリングモデルとして評価が高く、並み居るレーシングモデルを抑えての受賞となった。

ブーツよりもより気軽なモデルのライディングシューズ部門では、「RSタイチ DRYMASTER BOAライディングシューズ」が1位に輝いた。カジュアルなデザインと、独特のワイヤーシステムによるフィットした履き心地のモデルであり、並み居る強豪を抑えての受賞だ。

通信機器 ランキング

151216_145_edit

■通信機器部門では「Sena 20S インターコム」が2014年度に続いて受賞。interphoneや今年、新製品を投入した「B+COM SB5X」を抑えての1位を獲得した。近年普及が著しい通信機器は、新たなツーリングの楽しみを提供してくれるツールとして今後も注目だ。

バッグ ランキング

151216_146
シートバッグ
151216_151
サドル・サイドバッグ
20151218_awa08
タンクバッグ

■ツーリングに大活躍するバッグ類はいずれも「TANAX motofizz」の製品が強さを見せた。ユーザーの意見を商品にフィードバックし、すこしずつ改善されていったバッグたちはコストパフォーマンスの面から見ても注目されている。

そして今年はサドル・サイドバック部門の2位に「HenlyBegins サドルバッグMIL/グリーン」がランクインした。今までありそうでなかったミリタリーテイストで、かつ手頃なバッグが再び注目を集めている。

タンクバック部門も、TANAXの商品が多くランクインする中で「DAYTONA タンクロック」が首位に輝いた。タンクキャップ部分に固定具を取り付けるという新しいタイプの製品であり、タンクの傷防止や、近年多くなってきたプラスチックカバータンクに対して、特に好まれている。

オイル/添加剤 ランキング

20151218_awa09
4サイクルオイル
20151218_awa10
2サイクルオイル
151216_154
添加剤

■エンジンオイル部門、4サイクルオイルでは、「Castrol POWER1 4T」がランクイン。前回王者の「HONDA ウルトラG2」を引き離しての獲得だ。ウルトラG2は3位となり、2位には「Castrol POWER1 RACING 4T」が入り、100%化学合成油ながらも並み居るコスパオイル達を引き離してのランクインとなった。

2サイクル部門では「YAMAHA オートルーブ スーパーRS」、通称「アカ缶」が2連覇! 2サイクルユーザーが減少する中、自分の愛車のコンディションをしっかり保ちたいというユーザーの意思が感じられる結果となった。2位はこちらも2014年から変わらず「Castrol POWER1 RACING 2T」がランクインしている。

添加剤部門は「WAKOS フューエルワン」が大きく支持を集めて2連覇。2位、3位にはSUPER ZOILの製品が返り咲いての獲得となっている。愛車のコンディションを長く維持したいというユーザーの心境が表れており、効果の程は口コミにも注目したい。

ケミカル ランキング

151216_148

■ケミカル部門は昨年に引き続き、「コスモビューティー パーツクリーナー」がぶっちぎりの1位を獲得。コストパフオーマンスや、整備での使用頻度を考えると納得の結果だ。3位には昨年ランク外だった「MAXIMA ウォータープルーフグリス」がジャンプアップ!内容量や口コミなどの要素が集まり注目度の上昇につながった。他にも注目ケミカルが多く集まっており、定番商品がひと目でわかるランキングとなっている。

3位以下の用品ランキングや、人気車種別ランキングについては是非、Webikeアワード2015の特集ページをチェックして欲しい。

1214421-002

■過去のランキング
>>Webikeアワード2014
>>Webikeアワード2013

情報提供元 [ Webikeショッピング ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  2. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  3. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
  4. ライディングの安全性を新たな次元へ ボッシュは、道路交通におけるライダーの死亡事故を防ぐ「…
ページ上部へ戻る