スズキ、「Vストローム1000」にエンジンが停止し、始動不能となるおそれ

151218_113

■リコール対策届出日
平成27年12月17日

■リコール対策届出番号
3725

■リコール対策開始日
平成27年12月18日

■届出者の氏名又は名称
スズキ株式会社
代表取締役:鈴木 修
問い合わせ先:お客様相談室
TEL 0120-402-253

■不具合の部位(部品名)
電気装置(ワイヤーハーネス)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
1. 始動装置において、イグニッションスイッチリード線とワイヤーハーネスを接続するカプラの構造が不適切なため、使用過程において、当該カプラ内部の端子が、被水により腐食することがある。そのため、そのまま使用を続けると、腐食が進行して導通不良となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

2. ワイヤーハーネスの配索設計が不適切なため、燃料タンク裏面と干渉していることがある。そのため、そのまま使用を続けると、走行中の振動によりワイヤーハーネスの被覆が摩耗して短絡し、エンジン不調となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

3. バッテリーのアース端子の固定位置が不適切なため、使用過程において、アース端子に電気が流れにくくなることがある。そのため、そのまま使用を続けると、最悪の場合、スターターモータが作動せず始動不能となるおそれがある。

■改善措置の内容
1. 全車両、カプラに防水カバーを追加するとともに、カプラ端子部を点検し、腐食を確認した場合は、イグニッションスイッチリード線とワイヤーハーネス一式を交換する。

2. 全車両、ワイヤーハーネスを点検し、配索を適切な位置に変更するとともに、被覆に摩耗を確認した場合は、補修またはワイヤーハーネス一式を新品に交換する。

3. 全車両、アース端子を正規な位置に固定するとともに、外装チューブを耐熱性向上品に交換する。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No.3725 のステッカーを貼付する。

■車名
スズキ

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号 対象台数
「Vストローム1000」 EBL-VU51A 平成26年5月20日~平成26年9月19日 VU51A-100007~VU51A-101029 1,023

■対象台数(合計)
計1,023台

■製作期間(合計)
平成26年5月20日~平成26年9月19日
計1型式1車種
計1,023台

151217_144
改善対策図 1
151217_145
改善対策図 2
151217_146
改善対策図 3

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る