151217_142

■リコール対策届出日
平成27年12月17日

■リコール対策届出番号
3724

■リコール対策開始日
平成27年12月18日

■届出者の氏名又は名称
スズキ株式会社
代表取締役:鈴木 修
問い合わせ先:お客様相談室
TEL 0120-402-253

■不具合の部位(部品名)
原動機(タペット)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
原動機において、タペットの熱処理及びシリンダヘッドの組付工程が不適切なものがある。そのため、タペットとカムシャフトの間に異物が混入すると、タペットが異常摩耗して異音が発生し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、タペットクリアランスを点検し、クリアランスが規定値を超えているものは、タペット及びカムシャフトを対策品に交換する。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No.3724のステッカーを貼付する。

■車名
スズキ

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号 対象台数
「スカイウェイブ」 JBK-CJ45A 平成24年7月20日~平成25年11月11日 CJ45A-108953~CJ45A-109446 493
「スカイウェイブ」 JBK-CJ46A 平成24年7月19日~平成25年12月10日 CJ46A-115070~CJ46A-116876 1,758
「スカイウェイブ」 EBL-CP52A 平成25年1月17日~平成25年11月15日 CP52A-101696~CP52A-102236 540
「グラディウス」 EBL-VK58A 平成24年7月3日~平成25年11月18日 VK58A-102353~VK58A-102775 422
「Vストローム」 EBL-VP56A 平成24年11月30日~平成26年1月20日 VP56A-100025~VP56A-101287 1,262
「GSR750」 EBL-GR7NA 平成25年2月28日~平成26年4月14日 GR7NA-100014~GR7NA-101851 1,833
「バンディット1250」 EBL-GW72A 平成24年6月22日~平成26年1月21日 GW72A-103878~GW72A-104347 470

■対象台数(合計)
計6,778台

■製作期間(合計)
平成24年6月22日~平成26年4月14日
計7型式5車種
計6,778台

151217_143

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る