ヤマハ、「YZF-R1 / R1M」のリコール 変速ギヤが破損し走行不能となるおそれ

151214_25

■リコール届出番号
外-2277

■リコール開始日
平成27年12月15日

■届出者の氏名又は名称
株式会社プレストコーポレーション 代表取締役 白岩 俊男
製作国:日本
製作者名:ヤマハ発動機(株)
問合せ先:サービス部
TEL:03-5419-8257

■不具合の部位(部品名)
変速機(変速ギヤ)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
変速機において、ギヤの強度が不足しているため、サーキット走行等でスロットルを急全開にして加速しながら変速操作を行うと、当該ギヤに過大な応力が加わることがある。そのため、そのまま使用を続けると、亀裂が生じて破損し、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、変速機のギヤ一式を対策品と交換する。

■不具合件数
なし

■事故の有無
なし

■発見の動機
輸入元からの連絡による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:使用者特定可能なため周知しない。
・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.外-2277のステッカーを貼付する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

YZF-R1(RN39N)

JYARN39N1FA000094~JYARN39N0FA000538
平成27年3月26日~平成27年8月11日
360台

YZF-R1M(RN40N)

JYARN40N2FA000043~JYARN40N2FA000303
平成27年3月26日~平成27年8月11日
238台

計598台

151214_24

【注意事項】
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る