カワサキ、「W800」のリコール 走行中にエンジンが停止するおそれ

151214_23

■リコール届出番号
3720

■リコール開始日
平成27年12月15日

■届出者の氏名又は名称
川崎重工業株式会社 代表取締役社長 村山 滋
問い合わせ先:カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL 0120-400-819
http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/recall/mc_index.html

■不具合の部位(部品名)
(1)電気装置(電気配線)
(2)原動機(スロットルボディホルダ)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
(1)電気配線の配索設計が不適切なため、電気配線がフレームの突起部と干渉していることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、電気配線の被覆が摩耗して芯線がフレームと短絡し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

(2)スロットルボディホルダの耐熱性が不足しているため、エンジンからの熱により硬化することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、振動により亀裂が発生し、亀裂部から空気を過剰に吸入してエンジン不調となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

■改善対策の内容
(1)全車両、当該電気配線を点検し、損傷のあるものは補修または交換を行うとともに、保護カバーを追加し、配索を変更する。

(2)全車両、スロットルボディホルダを対策品に交換する

■不具合件数
(1)3件
(2)8件

■事故の有無
(1)(2)無し

■発見の動機
(1)、(2) 市場からの情報及び国土交通省からの指摘による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、ステアリングヘッドパイプ左側のガセット部にNo.3720 のステッカーを貼付する。

■車名
カワサキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

W800(EBL-EJ800A)

EJ800A-001092 ~ EJ800A-015859
平成22年12月17日~平成24年12月28日
3,629台

EJ800A-015855 ~ EJ800A-026781
平成24年12月28日~平成27年12月4日
2,344台

計5,973台

151214_21

151214_22

【注意事項】
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. パルサーカバーとジェネレーターカバーの2点をラインナップ ヨシムラジャパンは、カワサキZ9…
  2. 第10回!4ミニだらけの恒例イベント 10月27日(土)に、鈴鹿ツインサーキットで「ENJ…
  3. ツーリングプランのコースを無料でナビゲーション ナビタイムジャパンは、2018年8月17日…
  4. 高品質なスプロケットやブレーキディスクでおなじみのサンスターから、Z900RS用の超お得なキ…
ページ上部へ戻る