京セラ、「ダカール ラリー 2016」のTeam HRCに高耐久スマートフォン「TORQUE(トルク)」を提供

151209_39

情報通信事業等を幅広く展開する日本企業「京セラ」は、2016年1月、アルゼンチン共和国ボリビア多民族国間で行われる「DAKAR RALLY 2016」に、二輪で出場するホンダ · レーシングのワークスラリーチーム「Team HRC」のテクニカルスポンサーとなった。

それに伴い、京セラの高耐久スマートフォン「TORQUE(トルク) KC-S701」を提供することを発表。ライダーのログ情報をTORQUEで確認したり、メカニックにデータを送信するなど、Team HRCのコミュニケーションツールとしてレース活動をサポートするツールとなる。

「DAKAR RALLY 2016」は、2016年1月3日にブエノスアイレスを出発。16日までにボリビア多民族国を経由後、再びゴールとなるロザリオを目指し、二輪、四輪、トラックの3部門で競うレースだ。

以下公式サイトニュースリリースより

DAKAR RALLYは、砂漠、ジャングル、山岳地帯などの道路が整備されていないような環境を走破する「ラリーレイド」と言われる競技大会の1つです。HRCダカールラリー2016プロジェクトリーダーの本田氏からは、「DAKAR RALLYではバイクだけでなく、使用する全ての機器に過酷な環境下で耐えうる性能が求められます。過酷な環境下でも確実に使える京セラの高耐久スマートフォンが、私たちのレース活動において極めて重要な役割を果たすことを確信しています。」とのコメントをいただいています。

今回、提供するTORQUE KC-S701は、米国国防総省の調達基準MIL-STD-810G規格11項目に準拠し、過酷な環境での利用に適した高い耐久性能が評価されています。Team HRCがバイクのログ情報をTORQUEで確認したり、メカニックにデータを送信するなど、チームのコミュニケーションツールとして活用され、DAKAR RALLYでのTeam HRCのレース活動をサポートします。

■京セラ TORQUE×ダカールラリー紹介サイト
http://www.kyoceramobilephone.com/partner/hrc/index.htmlExternal

■Team HRC WEBサイト
http://rally.hondaracingcorporation.com/External

京セラの高耐久スマートフォンについて

京セラは、2013年3月、北米市場向けにMIL-STD-810G規格に準拠した高耐久スマートフォンTORQUEを投入しました。

防水、防塵、耐衝撃に加え、振動、高温、低温、塩水噴霧、湿気などに対する高い耐久性能が、アウトドアを楽しむユーザーや過酷な環境下で作業を行う方々より高く評価され、北米ではDuraForceなどDuraシリーズとしても展開しております。

日本では2014年にauより初号機となるTORQUE G01が発売され、本年7月にその後継機となるTORQUE G02が発売。世界初の耐海水性能を備えたスマートフォンとしてさらに利用フィールドを広げています。また、本年、欧州市場にもTORQUE KC-S701が投入され、現在、京セラの高耐久スマートフォンはグローバルな市場で展開しています。

今回提供するTORQUE KC-S701は、手袋を着用した状態であってもディスプレイ操作が可能であり、また、騒がしい場所でも相手の声がクリアに聞こえる京セラの独自技術「スマートソニックレシーバー」を搭載しています。この様な機能は、約2週間にわたる過酷なラリー環境下において、Team HRCのコミュニケーションツールとしてレース活動に貢献するものと期待しております。

→全文を読む

情報提供元 [ 京セラ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ダイネーゼジャパンは、全国のDainese Store(札幌店・名古屋店・大阪店を除く)で、…
  2. やっぱり2018年モデルはよくできてます! スーパーカブといえば、長きに渡って様々なユーザ…
  3. NEXCO中日本は、7月1日(日)から11月30日(金)までの期間、三重県内の高速道路が定額…
  4. 2017年モデルで懐かしの並列2気筒アメリカンのレブル(250)が、500&250の2バリエ…
ページ上部へ戻る