【新車】カワサキ、「Ninja400/Special Edition」2016年モデルを発売

Ninja400-2016-04
カワサキは、2016年モデルとなる「Ninja 400」と「Ninja 400 ABS Special Edition」を2015年12月1日に発売した。

Ninja 400・Ninja 400 ABS Special Edition

Ninja 400

Ninja400-2016-01

■カラー
・Ninja400:メタリックカーボングレー

■販売価格
メーカー希望小売価格 668,520円 (本体価格619,000円、消費税49,520円)

【2015年モデルからの変更点】
・カラー&グラフィックの変更

爽快なツーリングパフォーマンスと独創のフルフェアリングスタイルが人気のNinja 400。 ダブルぺリメターフレームを採用し、コンパクトな水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンがエントリーユーザーにも扱いやすく滑らかで心地の良い加速感を提供します。 フロントカウルにはマルチリフレクターのデュアルヘッドライトを装備し、アグレッシブなイメージを強調。 シャープなデザインのLEDテールランプとショートタイプのテールカウルがスリムで軽快なリヤビューを演出しています。 スーパースポーツスタイルの6スポークホイールはバネ下重量を軽減するだけでなくスポーティなルックスにも貢献。 他にもパニアケースやシングルシートカバーキットなど好みのスタイルに合わせて選べるアクセサリーも充実しています。

Ninja400-2016-01Ninja400-2016-02Ninja400-2016-03

Ninja 400 ABS Special Edition

Ninja400-2016-04

■販売価格
メーカー希望小売価格 740,880円(本体価格686,000円、消費税54,880円)

■カラー
・メタリックインペリアルブルー×メタリックスパークブラック
・キャンディクリムゾンレッド×メタリックスパークブラック

【Ninja 400 ABS Special Edition スタンダードモデルからの変更点】
・カラー&グラフィックの変更
・ABS(アンチロックブレーキシステム)の装備

爽快なツーリングパフォーマンスと独創のフルフェアリングスタイルが人気のNinja 400 ABS Special Edition。 ダブルぺリメターフレームを採用し、コンパクトな水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンがエントリーユーザーにも扱いやすく滑らかで心地の良い加速感を提供します。 フロントカウルにはマルチリフレクターのデュアルヘッドライトを装備し、独自のグラフィックを施した外装はアグレッシブなイメージとスポーティさを強調。 シャープなデザインのLEDテールランプとショートタイプのテールカウルがスリムで軽快なリヤビューを演出しています。 スーパースポーツスタイルの6スポークホイールは、バネ下重量を軽減するだけでなくスポーティなルックスにも貢献。また、信頼性の高いABSユニットにより優れた制動力を発揮します。 他にもパニアケースやシングルシートカバーキットなど好みのスタイルに合わせて選べるアクセサリーも充実しています。

Ninja400-2016-04Ninja400-2016-05Ninja400-2016-06
Ninja400-2016-07Ninja400-2016-08Ninja400-2016-09

Ninja400スペシャルサイトは>>こちら

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る