モノ創りの基本は「手を動かす」ことではないか

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

151207_80

「モノをいじる」体験取材

先頃、ヤマハ本社のコミュニケーションプラザで開催されている「親子エンジン分解・組立教室」に参加してきました。本来は夏休みの子供向けイベントなのですが、今回は特別に体験取材ということで。周りは大人ばかりでしたが、皆さん童心に戻って夢中で”大人の工作”を楽しんでいました。

目の前に用意されたのは、一個のエンジンと工具類。バイク好き、機械好きなら、それだけでワクワクします。100ccのカート用エンジンで2ストなので構造も単純。これなら簡単にこなせると思っていたら、どっこい。バラしたのはいいが、キャブレターの向きを反対に付けてしまったり、ピストンがなかなかシリンダーの中に入ってくれなかったり、と意外と難しいのです。まるで立体パズルのようで、頭脳と指先の感覚をフル稼働しつつ、気が付くと私もすっかり作業に没頭してしまいました。ヤマハの社員が講師となって丁寧にアドバイスしてくれるのですが、これがまた元WGPファクトリーチームのメカニックだった方と後から知って大感動、というオチもあり。あっという間の楽しい数時間でした。

エンジンに限らずですが、最近はモノをいじる、という機会がめっきり減った気がします。どんな情報でもネットで簡単に手に入り、自分の手を動かさなくても仮想現実や3Dプリンターで物体のイメージはつかめてしまう時代です。

講座を通して感じた「モノ創り」の原点

でも今回、実際に自分の手で工具を使ってエンジンの分解・組み立てを体験したことで、リアルな金属の重さや冷たさ、鉄やアルミの質感の違いなどを、あらためて肌で感じることができました。特にパーツ同士が寸分違わずカチッと組み上がったときの喜びは、何とも表現しがたいものです。これはバーチャルの世界では決して理解できないものでしょう。自分の手でモノを作り上げる喜び、この達成感こそが、人を人として道具を使う動物へと進化に導いた原動力、つまり「モノ創り」の原点なのではないでしょうか。

講座ではエンジンの構造や役割を分かりやすく説明してくれます。最初は訳も分からず、いじくり回していた子供たちも、新たな発見に出会う度に目を輝かせて笑顔になっていくそうです。もしかしたら将来、人類に貢献する偉大な発明をする子供たちが、こうした体験から生まれるのかもしれません。そう思うと、ぜひウチの子供にもやらせてみたいと。ITや英語教育の前に「まずは手を動かせ!」と思うのでした。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
  4. SHOEIは、「J・O NOSTALGIA(ノスタルジア)」を2019年3月に発売する。 …
ページ上部へ戻る