【新車】キムコ、世界初!ドライブレコーダーを標準装備したスクーター「Racingking 180i ABS+Motocam」を発売

151203_205

キムコジャパンは、世界初ドライブレコーダーを標準装備した、スクーター「Racingking 180i ABS+Motocam」を2015年12月2日に発売した。
ABSは、BOSCH製最新型ABSが組み込まれている。

また、キムコジャパンの正規ラインナップを新車で購入すると、5つの安心サービスが無償で受けられる、「KYMCOオーナーサポートプログラム」が付帯する。
購入は全国のKYMCO正規販売店。

世界初!ドライブレコーダー標準装備!ライバルの追随を許さないミッドクラススクーターの先駆者「Racingking 180i ABS+Motocam」

151203_199
世界初!ドライブレコーダー標準装備!125ccクラスのコンパクトボディにハイパワーな180ccエンジンを搭載したミッドクラススクーターの先駆者”レーシングキング”が満を持してモデルチェンジ。世界初となるドライブレコーダー標準装備で他の追随を許さない進化を遂げました。125ccクラスのボディに水冷175ccエンジン、フロントダブルディスク、倒立フォーク等を装備して極限まで性能を高めたミッドクラススクーターの最高峰レーシングキング。BOSCH製最新型ABSと二輪車世界初となるドライブレコーダー「motocam」を装備し、ライバル追随を許さない圧倒的な進化を遂げて日本に上陸しました。

エンジン:水冷4バルブ単気筒 最高出力:17.6PS
カラーラインアップ:パールホワイト、マットブルー、マットブラック
税込販売予定価格:518,400円

151203_199
マットブルー
151203_198
パールホワイト
151203_200
マットブラック
151203_214151203_223151203_221151203_197151203_205
151203_208151203_207151203_210151203_209151203_203

Specifications/主要諸元

Racingking   180i ABS+motocam
エンジンタイプ   水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
 燃料装置  フューエルインジェクション
 総排気量  175.1cc
 最高出力  12.95kw(17.6PS)/8250rpm
 最大トルク  16N-m(1.6kgf-m)/7000rpm
 変速機形式  CVT
 始動方式  セルフ式
 燃費  47.18km/L(60km/h)
 乾燥重量  128kg
 装備重量  139kg
 全長×全幅×全高  1931×745×1140
 シート高  790mm
 軸距  1306mm
 燃料タンク容量  7.4リットル
 タイヤ(前)  120/70-12
 タイヤ(後)  130/70-12
 ホイール  アルミニウム
 サスペンション形式(前)  倒立式テレスコピック
 サスペンション形式(後)  ダブルスウィング式
 ブレーキ形式(前)  240mm 油圧式ダブル
 ブレーキ形式(後)  200mm 油圧式シングル
ABS   BOSCH 9.1M ABS 標準装備
カラーラインナップ   マットブルー、マットブラック、ホワイト
メーカー希望小売価格(税込)  518,400円

>>販売店検索はこちら

【関連ニュース】
キムコ、日本市場本格参入 12/2よりニューモデルの販売を開始
【新車】キムコ、水冷4バルブエンジンの「Downtown 350i / 125i」を発売
【新車】キムコ、ロードスポーツスクーター「K-XCT 300i / 125i」を発売
【新車】キムコ、ヨーロピアンスタイルのハイホイールスクーター「Tersely GT125i」を発売
→全文を読む

情報提供元 [ KYMCO JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る