[IRC]JEC第5/6戦 SUGO2デイズエンデューロにてIRCサポートの若手、小菅・前橋が頭角を現す

151201_109

全日本エンデューロ選主権もいよいよ最終戦。このシリーズがはじまるきっかけともなった、ISDEへの練習会の意味を含んで創始されたSUGO2デイズエンデューロが戦いの舞台となった。初冬の霜が、路面を濡らしてモトクロスコース、エンデューロコースを含め全体的に午前中はかなりスリッピーで難しいコンディションであった。

日時:11月21日/22日
会場:宮城県スポーツランドSUGO
天候:晴
コンディション:ウェット
PHOTO&TEXT:稲垣正倫(Enduro.J)

コースは、例年より少し参加者へのレベルを幅広くとっており、エンデューロテストには難所を含まないようなレイアウト。また、クロステストはグラベルのターンを多分に含んだ昨年までのものから一変して、モトクロスコース~キャンプ場裏といったものに。エクストリームテストも各セクションのレベルをある程度さげており、全体的にタイムを競うことの難しさを土台に残しつつ、走りきることの困難さを下げた形だ。また、ダート路面をループの行きに集中し、帰りにアスファルトを集中させたことで、アスファルトで飛ばさなくてもよいように設計された。

レースは、チャンピオンを争う釘村忠とチャンピオンを死守する鈴木健二の一騎打ちで、初日に釘村がタイトルを決定させた。このトップ陣のすぐ背後に、若手がひしめいたことが今回のSUGO2デイズエンデューロのもう一つのハイライト。

1日目は、小菅泰輝が奮闘。父でありトップライダーの小菅浩司に言わせれば、社会人に成り立てでなかなか練習の時間がとれないなかで、たった1日で何かをつかんだとのこと。若さゆえの成長度合いがまさに目を見張るモノがあり、エンデューロテストでは釘村をもうわまわる2番手の時計を出したテストも。エクストリームテストで数秒のミスがあったものの、うまく全テストをまとめて結果は4位。今回はレギュラーメンバー以外にモトクロスIAの横澤拓夢が3位に入っているため、通常であれば表彰台圏内ということになる。

2日目は、古傷の手術で2014年を休養にあて、今年はIBで戦った前橋孝洋がクラスを超えたタイムを連発。モトクロスIA達を置き去りにするスピードは、実に13テスト中10テストでの一番時計を出し、2位沼田誠司との差は4分以上にもおよんだ。2日目、前橋の積算タイム52分43秒81は、IAクラスでも4位に入るもの。また、小菅泰輝同様にIAで2番時計にあたるタイムをだしたエクストリームテストもあるほどであった。

→全文を読む

情報提供元 [ IRC ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る