ドゥカティ、「MULTISTRADA 1200 / 1200S 」のリコール 走行中にサイドスタンドが脱落するおそれ

■リコール届出番号
外-2275

■リコール開始日
平成27年11月30日

■届出者の氏名又は名称
ドゥカティジャパン株式会社 代表取締役社長 加藤 稔
製作国 :イタリア
製作者名:DUCATI MOTOR HOLDING SpA
問合せ先:ドゥカティジャパンお客様相談窓口 0120-030-292

■不具合の部位 (部品名)
サイドスタンド

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
サイドスタンドにおいて、可動部の溶接が不適切なため、駐車中の車重に耐えられず、溶接部が破損するものがある。そのため、駐車中にサイドスタンドが外れ車両が転倒するほか、最悪の場合、走行中にサイドスタンドが脱落し、他の交通の妨げとなるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、サイドスタンドの製造ロット番号を確認し、該当するものはサイドスタンドを良品と交換する。また、製造ロット番号が確認できないものは、サイドスタンドを良品と交換する。

■不具合件数
0件

■事故の有無
0件

■発見の動機
イタリア本社からの報告による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
使用者:ダイレクトメール等にて通知する。
自動車分解整備事業者:日整連発行の機関紙に掲載する。
改善実施済車:フレームヘッド左側に 外-2275 のステッカーを貼付する。

■車名(型式)/ 通称名 / リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び輸入期間

ドゥカティ(EBL-AA02)

MULTISTRADA 1200

ZDMAA02JAFB003448~ZDMAA02JAFB004153
平成27年5月27日~平成27年7月6日

MULTISTRADA 1200 S

ZDMAA02JAFB003359~ZDMAA02JAFB004944
平成27年5月27日~平成27年8月3日

ZDMAA02JAGB004988~ZDMAA02JAGB005363
平成27年8月3日~平成27年8月14日

計1型式2車種

■リコール対象車の台数
105台

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

151130_29

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る