[REPSOL]ヘレス・テストレポート レプソル・ホンダチームが実りの多い2日目を終了

151130_14

レプソル・ホンダチームはヘレスでの実りの多い2日目を終了した。
5℃の低温がトラックでチームを迎えてくれたが、朝が進むにつれ18℃と暖かくなり、二日目もテストの間は乾燥した晴れたままだった。

マルケスはこの2日目を2016年のエンジンと電子機器に集中した。マニエッティ・マレリのソフトウェアの調整する間、ボックス内で長く待っていた。トータル58周を周回し、ベストタイムは1:39.57。

ペドロサは53ラップ周回し、ファステストタイムは1:40.10。2015年と2016年仕様のエンジンとソフトウェアの比較を続けた。
3日間のテストは明日終了する。

→全文を読む

情報提供元 [ REPSOL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る