『EICMA』ミラノショーから、海外メーカー注目モデルを一気に紹介!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

20151127_eicma01

毎年この時期にイタリア・ミラノで開催される世界最大のモーターサイクルショー『EICMA』。各メーカーはこのイベントに次期ニューモデルの発表をぶつけてくる。今回も国内外の主要メーカーから魅力的なモデルが続々登場している模様だ。前回の国内メーカーに続き、今回は海外メーカーの動向についてお伝えしたい。

【DUCATI】
ディアベルに過激なX、ムルティは本格オフロード仕様が登場

151127_29

■X-Diavel

ドゥカティ・ワールドプレミア2016のタイトルに付けられている「Black」を意味するXディアベルが登場。クルーザー・ワールド(ロースピード、リラックスできるライディング・ポジション、ロングツーリング)とドゥカティ・ワールド(イタリアン・スタイル、洗練されたエンジニアリング、比類なきパフォーマンス)という、2つの異なる世界を一つに融合させたドゥカティ流のスポーツクルーザーである。

156hpを発生する強力なテスタストレッタDVT 1262エンジンと60通りに設定可能なライポジ、40度の最大バンク角が特長。ベルトドライブを採用する初のドゥカティです。また、トラクションコントロール(DTC)、ライディングモード、コーナリングABS、クルーズコントロール、パワー・ローンチ(DPL)にボッシュ慣性測定ユニット(IMU)が加わることで、高いパフォーマンスと安全性を提供。Sバージョンも設定された。Xの名が示すとおり、エクストリーミーな魅力に満ちたアグレッシブで未来的なデザインも素敵だ。

■Multistrada 1200 Enduro

より過酷なオフロード走行にも対応でき、あらゆる路面を走破するために開発されたのが、ムルティストラーダ1200エンデューロである。新たにフロント19インチ/リア17インチのスポークホイールおよび、200mmのホイール・トラベルを備えたドゥカティ・スカイフック・サスペンション(DSS)エボリューション・システムを標準装備し走破性能を格段にアップ。さらに、航続距離450kmを超える30リットル燃料タンクにコーナリングABS、コーナリングライト(DCL)、トラクションコントロール(DTC)、ウィリーコントロール(DWC)、ビークルホールドコントール(VHC)が過酷な環境下での安全な走行をサポート。また、アルミニウム製ラゲッジ・セットなど広範囲な専用アクセサリーも充実させた。まさに究極の長距離アドベンチャーエクスプレスだ。

■Scrambler Sixty Two

今年前半の話題をさらったスクランブラーに軽快で取り回しも楽な400cc版が登場。スクランブラーのデザインを継承するSixty2は、専用のグラフィックとロゴが装着されたスリムなスチール製タンクを装備。ワイドなハンドルバーとロングシートが、快適でリラックスできるライディング・ポジションを提供する。低重心と独特のブロック・パターンを持つ新しい160/60-17リヤタイヤ、ABS標準装備により、軽快なハンドリングとラフロードも走れる楽しさを実現している。

これ以外にもスクランブラーのフラット・トラック・プロ・バージョン、新型ハイパーモタード・ファミリー、新型パニガーレ959などが発表された。

X-Diavel
X-Diavel
Multistrada 1200 Enduro
Multistrada 1200 Enduro
Scrambler Sixty Two
Scrambler Sixty Two
HYPERMOTARD 939
HYPERMOTARD 939
FLAT TRACK PRO
FLAT TRACK PRO
959 PANIGALE
959 PANIGALE

【BMW】
水冷単気筒313cc、後方排気エンジンのスモールファイター

G 310 R

■G 310 R

BMWの目玉は何といっても先頃発表になったミドルスポーツネイキッド、G310Rだろう。BMWのロードスポーツモデルとしては新手の小排気量クラスで、水冷単気筒313ccエンジンから最高出力は25Kw(34ps)を発揮。エンジンのシリンダーを通常とは逆に後傾させつつ、シリンダーヘッドを前後180°回転させることで後方排気としている点が最大のポイントだ。これにより、重心位置をより低くフロントホイール寄りに移動させて前輪荷重を稼ぐとともにショートホイールベース化も実現。スタイリングも直4スポーツネイキッドS 1000 Rの流れを汲むアグレッシブな印象だ。

シャーシはスチール鋼管フレームとアルミダイキャスト製スイングアームの組み合わせ。サスペンションは前後にφ41mm倒立フォークとプリロード調整式モノショックを採用。ブレーキはフロントに対向4ポッドラジアルマウントキャリパーにABS標準装備とするなど充実した足回りを誇る。単気筒ならではのスリムさと158.5kgのライトウエイトを生かして、俊敏な走りを見せつけてくれるはずだ。

【KTM】
メガファイターにGTバージョン登場、690デュークも進化

KTM 1290 SUPER DUKE GT

■KTM 1290 SUPER DUKE GT

KTMからはワールドプレミアとして、ストリートレンジ最高峰モデルとなる「1290 SUPER DUKE GT」がデビュー。先に登場した「1290 SUPER DUKE R」のLC8パワーユニットをベースに、さらなる進化を遂げたGT用Vツインエンジンは、最高出力173hpを発揮。セミアクティブサスペンションを搭載し、山岳地帯のツイスティロード、高速道路を利用したロングツーリングでの快適性、レーストラックでのライディング、それら様々な条件を、スポーツ性を伴いながらこなすモデルとして作り込まれている。

■KTM 1290 SUPER DUKE R SPECIAL EDITION

また、「1290 SUPER DUKE R」に SPECIAL EDITIONが登場。KTM純正のPOWERPARTSコレクションから機能に合わせた最高品質のパーツが選択され、アップグレードモデルとしてパッケージされている。オレンジアノダイズ加工が施された高剛性アルミ削り出しトリプルクランプが採用され、WP製倒立フォークからの入力をしっかりと受け止め、ハードブレーキングでの正確なハンドリングを実現。フォーク自体の歪みも減少させて理想的なサスペンションの動きを実現するなど、さらなるスポーツ性能に磨きをかけた。

■KTM 690 DUKE / KTM 690 DUKE R

「KTM 690 DUKE / KTM 690 DUKE R」は第5世代モデルが登場。伝統を受け継ぐマッシブなLC4 エンジンは再設計され、量産モデルとしてはもっともパワフルでスムーズなシングルシリンダーエンジンをさらに進化。ON/OFF 切り替え可能な2チャンネルABSに加え、KTMライド・モード・テクノロジー(690 DUKE には「TRACK PACK=トラック・パック」としてオプション扱い、690 DUKE R には標準装備)が利用可能となった。これにより、パワーデリバリーとエンジンモードを走行条件に合わせ切り替えられる3種類のセッティングが可能となり、さらに走りの幅をダイナミックに広げている。

KTM 1290 SUPER DUKE GT
KTM 1290 SUPER DUKE GT
KTM 1290 SUPER DUKE R SPECIAL EDITION
KTM 1290 SUPER DUKE R SPECIAL EDITION
KTM 690 DUKE R
KTM 690 DUKE R

【TRIUMPH】
ボンネビルが水冷1200ccエンジンを搭載し電子制御を投入

Bonneville Thruxton

トライアンフのクラシックラインが久々にフルチェンジ。伝統的を重視しつつより個性的に、そして現代的なパフォーマンスが与えられた。3系統5モデルがラインナップされ、それぞれのキャラクターに合わせて仕様の異なるエンジンが用意されているのが特徴だ。エントリーモデル的な位置づけの「ストリートツイン」が900cc、最も伝統的スタイルを継承した「ボンネビルT120」がハイトルク型の1200cc、そしてカフェレーサースタイルの「スラクストン」がハイパワー型の1200ccを搭載。エンジンは水冷化され爆発間隔(クランク角)に関しては従来型の360度方式に代わり、より鼓動感を重視した270度方式に統一されている。

電子制御化も進んだ。スロットルワイヤーを介在しないライド・バイ・ワイヤー方式となり、切り換え式ライディングモードを採用。トラクションコントロールとABS、スリッパー&アシストクラッチが全モデル標準装備となった。

特に上級バージョン「スラクストンR」は、従来比6割増しのトルクが与えられ、前後サスにショーワ製BPF(ビッグピストンフォーク)とオーリンズ製ツインショックを採用。ブレーキもブレンボ製モノブロックが装備されるなど、従来型とは大きく異なる本気のスポーツモデルとして蘇った。

スピードトリプルもフルチェンジし「スピードトリプルS」 と「スピードトリプルR」をラインナップ。104箇所ものパーツが新開発され全回転域でトルクアップが実現された、

新開発1050cc 3気筒エンジンを搭載。ライディングモードや切替式ABS、切替式トラクションコントロールなど、ライダーを重視したニューテクノロジーも搭載。新しくデザインされたツインヘッドライトや新設計のボディワークによりスタイリングを一新。ブレンボ製モノブロックキャリパーを標準装備した。さらにRモデルにはオーリンズ製フロント&リアサスペンション、カーボン外装パーツが装備されている。

また、アドベンチャーツアラーのフラッグシップモデル、タイガー・エクスプローラーも新型に。コーナリングに最適化された新しいトラクションコントロールとABS、新型TSAS – セミアクティブサスペンションシステムを搭載。クラス初の電動アジャスタブルスクリーンや新たにヒルホールドコントロールシステムが搭載された。

Bonneville Thruxton
Bonneville Thruxton
Bonneville Thruxton R
Bonneville Thruxton R
Bonneville T120
Bonneville T120
Bonneville Street Twin
Bonneville Street Twin
Speed Triple S
Speed Triple S
Speed Triple R _01
Speed Triple R
Tiger Explorer XR
Tiger Explorer XR
Tiger Explorer XC
Tiger Explorer XC

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆『EICMA』ミラノショーから、国内メーカー注目モデルを一気に紹介!
◆ニューモデルが続々登場!ミラノショー(EICMA2015)現地速報!!

【フォトギャラリー】ミラノショー2015特集
eicma2015_649

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
  2. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  3. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  4. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
ページ上部へ戻る