経営難のGASGASが再起へ。スペインの電動バイクメーカー『TORROT』社が新オーナーに

151127_27

『TORROT』社が新オーナーとして再稼動

経営難により、事実上の倒産状態でバイクの製造を中止していたGASGAS社(スペイン)から、再稼働に関するリリースが発表された。
スペインの電動バイクメーカー『TORROT』社がGASGAS社の新オーナーとして資金を投入し、再建を図ることとなる。

GASGASでは主力のエンデューロモデル、トライアルモデル、ラリーレイドマシンの開発と合わせて、TORROT社の電動バイク製造を引き継ぐ。
また、GASGAS社のオフロードテクノロジーと、TORROT車の電動バイクを合体させることで、新たな「電動オフロードマシン」の開発を目指すと発表されている。

以下、GASGASエンデューロモデル日本代理店である「MVアグスタジャパン」プレスリリースより

すでに発表されているように、スペインの電動バイクメーカー『TORROT』社がGASGAS社の新オーナーとして稼動します。
以下、GASGAS本社からの発表となります。

【今後3年間の生産目標】
2016 年 Trial:2000 台、Enduro:1000 台、 MUVI:3000 台以上
2017 年 Trial:3000 台、Enduro: (記載なし)、 MUVI: (記載なし)
2018 年 Trial:4000 台、Enduro: 6000 台、 MUVI:5000 台

※MUVI:TORROT 社の電動スクーター

「Enduro バイクは 2016 年に新型を開発し、2017年より新型を市場に投入します。
2016年4月より生産再開を見込んでいますが、確定していません。

Trialバイクは2016年3月より生産を再開します。
従来TORROT社が製造していた電動バイクの生産は、今後GASGAS社で行います。

2018年までにGASGAS社はTrial界のリーダーになることを目指します。
Enduroについてはラインナップの見直しが必要です。
2017年にローンチ予定の新型Enduroバイクは早期かつ、複数のモデルが必要です。
またTORROT社の電動バイクと、GASGAS社の車両の何かを1つのモデルに統合することも検討中です。

TORROT社の電気に関するテクノロジーを用いて、GASGASブランドにて、電動オフロードモデルでアドバンテージを得たいと考えています。

またTORROTブランドでのCFRP製の電動自転車とMUVIも開発中です。

TORROT社はGASGAS社へ今後3年間で1300万ユーロ(約17億円)を投資します。
GASGAS社の全従業員55名は継続雇用し、2018年までに80名に増員を予定しています」

(以上本社リリースより)。

弊社としましては、GASGAS Enduro モデルの生産時期が確定次第、再リリース致します。

問合せ先

〒437-1114 静岡県袋井市西同笠387番地
TEL:0538-23-0861
FAX:0538-23-0862

情報提供元 [ Gas Gas ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る