国土交通省、「2020年までに高速道路での逆走事故をゼロに」取り組みを推進

0002
国土交通省は、警察庁、高速道路会社と連携して、逆走対策を進めていたが、高速道路での逆走事故の撲滅には至っていない状況である。これを受け、今後さらに幅広い関係者とともに認識を一つにし、2020年までに高速道路での逆走事故をゼロとすることを目指し、各種の取り組みを推進していくことを発表した。

2020年までに高速道路での逆走事故をゼロに ~道路と自動車が連携、さらに安全な高速道路を目指す取り組み~

高速道路での逆走は、高速道路での事故全体と比較して、死傷事故となる割合が4倍、死亡事故でみれば40倍と、非常に危険な事案です。全国の高速道路では、2日に1回の頻度で逆走が発生しており、年間40件の事故が発生しています。これまでも、国土交通省、警察庁、高速道路会社が連携して、逆走対策を進めていますが、その一方で、高齢化の進展や、認知症問題の顕在化といった社会状況のもと、高速道路での逆走事故の撲滅には至っていない状況です。これを受け、今後、さらに幅広い関係者が認識を一つにし、道路と自動車が連携して、2020年までに高速道路での逆走事故をゼロとすることを目指し、各種の取り組みを推進していきます。

■ポイント
・これまで進めてきた、道路側での逆走対策を、引き続き拡充
・関係省庁間の連携を拡大
・有識者会議の立ち上げ
・自動車メーカーなどにも協力を呼びかけ、官民連携会議を立ち上げ

0006

>>2020年までに高速道路での逆走事故をゼロに PDF

【関連ニュース】
◆NEXCO、「高速道路における逆走の発生状況と今後の対策」を発表

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る