【新車】ホンダ、小型限定普通二輪教習車「CB125F 教習車仕様」を自動車教習所向けに発売

2151127_001H

ホンダは、欧州向けに販売していた「CB125F」をベースに小型限定普通二輪免許の教習車として「CB125F 教習車仕様」をを全国の自動車教習所を対象に12月11日(金)に発売する。
なお、「CB125F 教習車仕様」は、自動車教習所専用のモデルで、一般に販売する計画はない。

小型限定普通二輪教習車「CB125F 教習車仕様」を自動車教習所向けに発売

日常の移動手段として幅広い層のお客様に支持されている「原付二種」※1市場の活性化を目的に、「小型限定普通二輪免許」※2の教習車として「CB125F 教習車仕様」を全国の自動車教習所を対象に12月11日(金)に発売します。
CB125F 教習車仕様は、欧州で販売している「CB125F」をベースに、国内の二輪教習に適した特殊装備を付加した自動車教習所専用モデルです。エンジンは、発進・停止のしやすさに配慮し、低速時での粘り強い出力特性に加え、扱いやすい変速比配分の5速マニュアルトランスミッションを採用した空冷・4ストローク・OHC・単気筒125ccエンジンを搭載。コンパクトな車体とあいまって、教習生が扱いやすい教習車を目指しました。

また、転倒時における車両の破損や損傷を軽減させる大型のサイドバンパーを、フロントとリアの左右に装備。30km/hまたは40km/h(切り替え式)の走行速度や、ブレーキの操作状況、エンジン停止状況などを教習指導員へ視覚的に伝える教習用の表示ランプを車体前後に装備しています。視認性に優れたメーターパネルには、マニュアルトランスミッションの操作が初めての教習生にも選択したギアが容易に判別できる、「ギアポジションインジケーター」を採用しています。車体色は爽やかなイメージのパールサンビームホワイト1色の設定です。

※1総排気量が50cc超125cc以下の第二種原動機付自転車の略称
※2総排気量が125cc以下の二輪の自動車を運転できる免許

■販売計画台数(国内・年間)
800台

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
486,000円(消費税抜き本体価格450,000円)

■主要諸元

通称名 CB125F
車名・型式 ホンダ・EBJ-JC64
全長×全幅×全高(mm) 2,035×765×1,080
軸距(mm) 1,295
最低地上高(mm) 160
シート高(mm) 775
車両重量(kg) 131〔141〕
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.0
エンジン型式・種類 JC64E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 52.4×57.8
圧縮比 9.2
最高出力(kW[PS]/rpm) 7.8[11]/7,750
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 10[1.0]/6,250
燃料消費率※3(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値
56.3(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値(クラス) 52.3(クラス1)※4<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 13
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1 速 3.076
2 速 1.875
3 速 1.409
4 速 1.120
5 速 0.937
減速比(1次/2次) 3.350/3.000
キャスター角(度)/トレール量(mm) 26°00´/97
タイヤ 80/100-18M/C 47P
90/90-18M/C 51P
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式   ダイヤモンド

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る